真田広之が日本人として「ウルヴァリン:SAMURAI」に果たした功績 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月13日 > 真田広之が日本人として「ウルヴァリン:SAMURAI」に果たした功績
メニュー

真田広之が日本人として「ウルヴァリン:SAMURAI」に果たした功績

2013年9月13日 13:15

「ウルヴァリン:SAMURAI」について 真摯な眼差しで語った真田広之「ウルヴァリン:SAMURAI」

「ウルヴァリン:SAMURAI」について
真摯な眼差しで語った真田広之
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界から求められている俳優、真田広之。英国の舞台「リア王」(蜷川幸雄演出)をきっかけに「ラストサムライ」「PROMISE 無極」「上海の伯爵夫人」など次々と海外作品に出演、日本が誇る俳優として世界にその名をとどろかせている。現在、活動拠点とする米ロサンゼルスには、その実力を求めて数多くのオファーが舞い込む。出演の決め手となるのは、その作品が持つ“志の高さ・品格・映画的スケール感”だと言う。もちろん、この秋に日本で公開となる「ウルヴァリン:SAMURAI」もそのすべてが備わっている作品であり、なかでも主演のヒュー・ジャックマンジェームズ・マンゴールド監督とのタッグは、真田の心を大きく揺さぶった。(取材・文/新谷里映、写真/奥野和彦)

「過去に、ヒュー・ジャックマンとは2度ほど会ったことがあって、いつか一緒に仕事がしたいですねと話していたんです。なので、ようやくその機会が訪れたという感じですね。ジェームズ・マンゴールド監督も彼の過去作を拝見していて、いつか仕事をしてみたいと思っていました」。2人との仕事にひかれつつ、今回の映画の舞台は日本。自分が参加する意義、使命感も同時に感じていたそう。「原作のアメコミは80年代が舞台で、アメリカの目線で日本が描かれています。現代からみると、それをそのまま撮ると危険だぞ、恐いぞ、という感じもあったので、日本人が見ても楽しめる日本人像にすること──日本で生まれた者として、それはできる、それはできないということをはっきり伝え、少しでも作品に貢献したいと思ったんです」。

また、真田と言えば、演技もさることながら剣術の腕の素晴らしさは、日本はもとより世界が認めている。「ラストサムライ」では、主演のトム・クルーズをはじめとする出演者に殺陣を指導したというのは有名な話だ。もちろん、今作でも華麗な殺陣、ファイトシーンを目にすることができる。真田が演じるのはシンゲン。ある理由で、ウルヴァリンが死に直面する前後に関わる重要なキャラクターであり、後半に用意された対決シーンは、前のめりになって見入ってしまうほどの迫力と美しさとスピード感にあふれている。しかし、その撮影は「意外とスムーズだったんです」と明かす。

「ヒューとのファイトシーンはリハーサルも少なく、とてもスムースでした。ヒューはウルヴァリンのファイティングを熟知していますし、もともと優れたダンサーでもあるので、振り付けを覚えるのが早い。タイミングやポジショニングも正確なんです。とてもやりやすい相手でしたね。ただ、彼は上半身裸なので、傷つけないように気を付けなければなりませんでした。CGではないので、竹光やアルミでできた刀で戦っています」。肌に触れないとリアルに欠けるため、肌を傷つけないギリギリのところで止めるという離れ技は、真田とヒュー、2人の腕がたしかであることとが大前提。そして、信頼しあっているからこそ成し得たものだと言葉を足す。「刀を受ける側のヒューの正確さもないと無理なシーンなんです。こちらが定位置で止めても彼が少しでもこちら側に押してきたら傷になってしまうので……。でも、彼は必ず同じ位置で受け止めてくれました」

ハリウッド映画が本格的な日本ロケを敢行して作り上げた「ウルヴァリン:SAMURAI」。そこには、日本の文化、日本のサムライスピリットも描かれ、改めて“日本”を感じ、考えることになるだろう。そして、タイトルにもなっている“SAMURAI”については「むしろ精神的な美学を感じる」と、熱い思いを口にする。

「侍は人に仕える者で、そこは忠誠心、潔さ、美学があり、そういった精神的なものが派手なチャンバラよりも海外の人に理解されはじめている、リスペクトされはじめていると思うんです。もっともっと伝えていきたいことでもありますね。僕の世代もそうでしたが、いまの若い世代は自分のルーツ、日本人のルーツを省みずに外国ばかりに目がむいていることがある。ですから、逆輸入じゃないですが、この映画を見て自分たちのルーツに興味を持ってもらえたら嬉しい。もちろん、僕自身ももう一度日本のことを学び直したいと思いました」と話す。さらに、「ひとつプロジェクトが終わってほっとしたときは、日本の温泉に入ってゆっくりしたいなあとか、あのお店のあの料理が食べたいなあとか、日本を思い出します。どうしても食べたくて自分で料理を作るときもあるんですが、微妙に味が違って余計に恋しくなるんですよね(笑)。けれど、そういう郷愁の念を生かして、その気持ちをまた作品に込めることもできるので……遠きにありて(日本を)思っています」

ウルヴァリン/X-MEN ブルーレイBOX<6枚組>〔初回生産限...[Blu-ray/ブルーレイ] ウルヴァリン/X-MEN ブルーレイBOX<6枚組>〔初回生産限...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥8,208 突然変異によって特殊な能力に目覚めた“ミュータント”たちの物語を描いた人気シリーズ4作をセットにしたクアドリロジーBOX。「X-MEN<特別編>」「X-MEN2」「X-MEN:ファイナル ディシジョン」X-MEN:ファースト・ジェネレーション「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の5作品収録。初回限定生産。
サンシャイン2057<特別編>[DVD] サンシャイン2057<特別編>[DVD] 最安価格: ¥991 ダニー・ボイル監督が贈るSFアクション!出演:真田広之

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi