ビル・マーレイ、主演最新作の「考えるだけで泣けてくる」シーンを回想 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月9日 > ビル・マーレイ、主演最新作の「考えるだけで泣けてくる」シーンを回想
メニュー

ビル・マーレイ、主演最新作の「考えるだけで泣けてくる」シーンを回想

2013年9月9日 18:00

「私が愛した大統領」でルーズベルト大統領に扮したマーレイ「私が愛した大統領」

「私が愛した大統領」でルーズベルト大統領に扮したマーレイ
(C)2012 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 9月13日に公開される「私が愛した大統領」に主演した米俳優ビル・マーレイが、本作のハイライトでもある、ルーズベルト大統領と英国王ジョージ6世との対話シーンについて語る映像を、映画.comが独占で入手した。

第32代米大統領フランクリン・ルーズベルトと、彼を陰で支え続けた女性デイジーの知られざる物語を描いたドラマ。重度の身体障害を抱えながらも、1933~45年の12年にわたりアメリカを率いたルーズベルト大統領を演じたマーレイは、第70回ゴールデン・グローブ賞にノミネートされた。メガホンをとったロジャー・ミッシェル監督は、本作でのマーレイの演技を「彼のイメージとはかけ離れたものだ。ビルは、この役を適切な重々しさと真面目さを持って演じてくれた」と語っている。

このほど公開されたインタビュー映像で、マーレイは「考えるだけで泣けてくるね」と該当のシーンをアピールする。ジョージ6世役のサミュエル・ウェストとの共演は、「一晩中でも演じていたかった」というほど楽しいものだったという。その出来栄えについては、試写会の時に隣で鑑賞していた脚本家のひざを叩いて「これはいいぞ」と伝えたというエピソードを交えながら語った。

1930年代アメリカ。多忙を極めるルーズベルト大統領は、一番の理解者であるいとこのデイジーとドライブに出かけることで心の安らぎを得ていた。ドイツとの開戦危機を目前に、英国王ジョージ6世夫妻がアメリカを訪問し、ルーズベルト邸にやってくる。大統領の執務室で会談が行われた日の夜、デイジーも知らなかったルーズベルト大統領の秘密が明らかになる。

私が愛した大統領」は、9月13日から全国で公開。

ゾンビランド[Blu-ray/ブルーレイ] ゾンビランド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 人類の大半が人食いゾンビと化した世界を舞台に、引きこもり青年がゾンビのいない地を求めて仲間たちとサバイバルの旅をするホラー・コメディー。出演:ビル・マーレイ
恋とニュースのつくり方[DVD] 恋とニュースのつくり方[DVD] 最安価格: ¥927 華やかなテレビ業界を舞台に、低視聴率番組のプロデューサーに採用されたヒロインがさまざまなトラブルに振り回されながら、恋に仕事に頑張る姿を描いたサクセスストーリー。監督:ロジャー・ミッシェル

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi