菅田将暉、母からの手紙に涙のはずが……サプライズ大失敗 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月7日 > 菅田将暉、母からの手紙に涙のはずが……サプライズ大失敗
メニュー

菅田将暉、母からの手紙に涙のはずが……サプライズ大失敗

2013年9月7日 15:00

残念ながら泣けませんでした…「共喰い」

残念ながら泣けませんでした…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の菅田将暉が9月7日、東京・新宿ピカデリーで行われた主演作「共喰い」(青山真治監督)の初日舞台挨拶に登壇した。サプライズで実母からの手紙が紹介されたが、「実はさっき、進行台本をチラっと見てしまって……」と明かし、同席した青山監督は「こりゃ、宣伝部はがっかりだな」と苦笑い。それでも菅田は「愛されて育ったんだと実感している。後で『生んでくれてありがとう』とメールしようと思います」と感激していた。

芥川賞を受賞した作家・田中慎弥氏の同名小説を映画化。昭和最後の年の山口県下関市を舞台に、父とその愛人と一緒に暮らす高校2年生の遠馬(とおま)のひと夏の経験を描く。性行為の最中に相手を殴る父を憎みながらも、その“血”の宿命から逃れられないと恐怖する遠馬は、やがて幼なじみと関係を持つ。全国24スクリーンで封切り。舞台挨拶には、菅田と青山監督に加えて、共演する木下美咲篠原友希子光石研田中裕子が登壇した。

菅田と光石は、母親、元妻を演じる田中について「たまたま地元が近いこともあり、一気に“お母さん”という気持ちになれた」(菅田)、「スッとロケ現場に入って、現地の人かと見紛うばかりだった」(光石)。当の田中は「菅田くんはとってもピュア。初めて会ったときは、金髪で『ちょっといけないやつを目指している』節がありましたけど……」と期待の若手俳優との共演を述懐。光石の発言に対しては、「現地のおばちゃんに間違われるほど、頑張らせていただきました」と苦笑いを浮かべていた。

映画は第66回ロカルノ国際映画祭(8月7~17日)コンペティション部門で、「YOUTH JURY AWARD最優秀作品賞」と「ボッカリーノ賞最優秀監督賞」の2冠に輝き、青山監督は「素晴らしい俳優、キャストに恵まれて、いい映画になったと自信をもって言える」と誇らしげに語っていた。

仮面ライダーW Blu-ray BOX 1[Blu-ray/ブルーレイ] 仮面ライダーW Blu-ray BOX 1[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥16,538 平成仮面ライダーシリーズ11作目として放送された、仮面ライダーWのTVシリーズ!出演:菅田将暉
最上のプロポーズ 初回限定生産版[DVD] 最上のプロポーズ 初回限定生産版[DVD] 最安価格: ¥3,763 向井理、斎藤工、金子ノブアキ、小出恵介といった人気と実力を兼ね備えた俳優陣が、主演を務める恋愛オムニバスドラマ。監督:青山真治

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi