竹中直人、“日本近代美術の父”岡倉天心を熱演「演じがいがあった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月2日 > 竹中直人、“日本近代美術の父”岡倉天心を熱演「演じがいがあった」
メニュー

竹中直人、“日本近代美術の父”岡倉天心を熱演「演じがいがあった」

2013年9月2日 20:15

竹中直人が“日本近代美術の父”岡倉天心に「天心」

竹中直人が“日本近代美術の父”岡倉天心に
[拡大画像]

 [映画.com ニュース] “日本近代美術の父”といわれた美術運動家・岡倉天心の半生を描いた「天心」の完成披露試写会が9月2日、東京藝術大学の上野キャンパス・奏楽堂で行われ、タイトルロールを演じた竹中直人、共演の平山浩行木下ほうか神楽坂恵渡辺裕之、主題歌を担当した石井竜也松村克弥監督、同大学の宮田亮平学長らが舞台挨拶に立った。

法隆寺や興福寺の復興、東京藝術大学、日本美術院の創立に携わった岡倉の半生を描いた人間ドラマ。明治初期、東京美術学校(現・東京藝術大学)の校長に就任した天心が、横山大観や下村観山ら若き才能を見出し日本伝統美術の繁栄・存続に尽くす一方で、西洋画派と対立し苦境に立たされていく姿を描き出す。

竹中は、「明治の男でしたね。エネルギーに満ちあふれている男で演じがいがあった。また、共演者が素敵な方々ばかりでたくさんの刺激を受けた。最高でした」と充実した撮影の日々を述懐。さらに、「東京藝大に行きたくて2浪して多磨美に入ったので、今日は子どもに戻ったような気持ち。もう40年近くも前の遠い昔の話。いつのまにかジジイじゃな!」と明かし、笑いを誘っていた。

本作のために主題歌「亜細亜の空」を書き下ろした石井は、「今のアジアの情勢は決して良いとは言えないけれど、文化には韓国も中国も日本もなく、どこにも素晴らしい文化がある。天心が小さな町から空に向かって考えていた思いを、できるだけ彼の気持ちになって歌ってみようと作った曲」と語った。

宮田学長は当時の天心をイメージし、「『卒業式に何かやりたい』と嫁さんに話したら、新宿のオカダヤに走って夜なべして作ってくれた服。それからずっとお蔵入りだった」と自慢の衣装で登場。この日は天心の没後100年の命日であり、村松監督は「今日という日に奏楽堂で上映できることに感激している。リーマンショックや大震災があって何度も断念しかけたので、この日を迎えられたことは本当に奇跡。天心も横山大観も歴史上の人物だけど、生の人間だった。僕らと同じように苦悩してどん底に落とされ、はい上がっていく。そこに共感してほしかった」と熱く語った。

天心」は10月5日から茨城で先行公開。11月中旬から全国で順次公開。

くちづけ[Blu-ray/ブルーレイ] くちづけ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,762 ヒットメーカー宅間孝行が自身の劇団のために書き下ろし反響を呼んだ感動の戯曲を原作に、堤幸彦監督が映画化。実在の事件をもとに描かれる、父娘の深い愛の物語。出演:竹中直人
ヌードの夜[DVD] ヌードの夜[DVD] 最安価格: ¥3,652 男は命を賭けた。振り向いてもくれない女に。鬼才・石井隆監督・脚本で描く、危険で甘美なハードボイルド・サスペンス。出演:竹中直人

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi