邦画実写、20億円越えは現在4本 昨年対比で半減 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月1日 > 邦画実写、20億円越えは現在4本 昨年対比で半減
メニュー

邦画実写、20億円越えは現在4本 昨年対比で半減

2013年9月1日 11:00

本年度4本目となる実写興行収入20億円を 突破した「映画 謎解きはディナーのあとで」「映画 謎解きはディナーのあとで」

本年度4本目となる実写興行収入20億円を
突破した「映画 謎解きはディナーのあとで」
(C)2013 東川篤哉・小学館/
「謎解きはディナーのあとで」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東宝配給「映画 謎解きはディナーのあとで」が、興行収入20億円を突破した。8月18日時点で全国動員176万4781人、興収20億5722万9700円を記録したもの。これで、今年に入って20億円を超えた邦画の実写作品は4本目。「真夏の方程式」「プラチナデータ」「ストロベリーナイト」に次ぐもの。配給はいずれも東宝で、製作では3本がフジテレビ幹事だ。

ただ、昨年のこの時期と比べて、数は減っている。昨年は、「BRAVE HEARTS 海猿」を筆頭に、「テルマエ・ロマエ」など8本が20億超え。ちなみに、昨年の8本の最終累計興収は約290億円。今年の4本は、推定約110億円で、60%以上も数字を落としている(上映中の今年の作品は、最終興収見込みとして計算)。

アニメの興行が上向きになっている一方、邦画の実写作品が低迷しているのが今年顕著で、9月以降の後半で巻き返しができるかどうか。邦画の実写作品に注目が集まる。(文化通信)

謎解きはディナーのあとで DVD-BOX[DVD] 謎解きはディナーのあとで DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥19,207 オリコン年間ベストセラーにも輝いた、東川篤哉の同名原作が桜井翔を主演に迎えてTVドラマ化!
プラチナデータ DVD プラチナ・エディション[DVD] プラチナデータ DVD プラチナ・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,879 映像オファー殺到の東野圭吾のベストセラー小説が遂に映画化!日本のエンターテイメント界を牽引するスタッフ・キャストで贈るサスペンス超大作!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi