涼しげ和服の満島ひかり、主演作封切りも「新人の気持ちでやった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月31日 > 涼しげ和服の満島ひかり、主演作封切りも「新人の気持ちでやった」
メニュー

涼しげ和服の満島ひかり、主演作封切りも「新人の気持ちでやった」

2013年8月31日 16:03

和服姿で登壇した満島ひかり「夏の終り」

和服姿で登壇した満島ひかり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の満島ひかりが8月31日、都内で行われた主演作「夏の終り」の初日舞台挨拶に出席し、“夏の終り”を惜しむかのような涼しげな和服姿を披露した。作家の瀬戸内寂聴氏が、出家前の瀬戸内晴美時代に発表した小説を映画化。満島は「まだ恥ずかしい思いが残っていて、見られたくないですね。新人さんの気持ちでやっていた現場です」と初々しく挨拶していた。

舞台挨拶には満島をはじめ、共演する綾野剛小林薫、メガホンをとる熊切和嘉監督が登壇。映画は妻子ある年上の作家・慎吾(小林)と長年一緒に暮らしている知子(満島)の前に、かつての恋人・涼太(綾野)が現れたことで、知子の生活が次第に狂い始めるさまを描く。兵庫県・淡路島を中心にロケが行われ、熊切監督は「満島さんの『私、台風女なんです』という言葉通り、2度も台風に見舞われ、設定を雨に変えたシーンもあった」と振り返った。

ガッチャマン」も公開されたばかりの綾野は、満島を相手に“男女の業”を体現し「満島さんとディープなところまで陶酔していった現場で、記憶もあいまい。今思うと現場は、“ぐちゃ”って感じだった」と独特な表現で述懐。本作を「わかりやすい内容ではないかもしれないが、いい意味で整頓されている」と評していた。

一方、小林はロケ現場で休憩用に用意されたパイプ椅子に対し「ずっと座っていると腰にくるんだよ」「東京に戻ったら、腰がパンパンになっていた」「低予算だからなのか、詳しいことは監督に聞かなくちゃ」と冗談まじりにぼやき、場内の笑いを誘っていた。

「それでも、生きてゆく」ディレクターズカット完全版[DVD] 「それでも、生きてゆく」ディレクターズカット完全版[DVD] 最安価格: ¥19,045 主演・瑛太×満島ひかり、音楽・辻井伸行で贈る心震えるヒューマンドラマ。悲劇を背負った男女のふれ合いを中心に、時の止まっていた家族が明日への希望を見出そうと懸命に生きる姿を丁寧に描く。
モテキ Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] モテキ Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥15,871 久保ミツロウ原作の人気コミック『モテキ』をドラマ化!出演:満島ひかり

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi