アニメ界の俊英・長井龍雪監督、セオリーを破り自由に描いた「あの花」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月30日 > アニメ界の俊英・長井龍雪監督、セオリーを破り自由に描いた「あの花」
メニュー

アニメ界の俊英・長井龍雪監督、セオリーを破り自由に描いた「あの花」

2013年8月30日 20:00

長井龍雪監督「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」

長井龍雪監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「超平和バスターズはずっとなかよし」――涙を誘ったテレビアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(通称「あの花」)のエンディングから1年後を舞台に、劇場版では5人の少年少女が再び“あの日”に思いを馳せる。ひと夏の出来事を通して、ある事件をきっかけに心に傷を負った若者の葛藤(かっとう)と再生を丹念に描き、社会現象にまでなった同シリーズは、どのように生み出されたのだろうか。仕掛け人である長井龍雪監督が語った。

「あの花」プロジェクトは、長井監督、脚本家の岡田麿里、キャラクターデザインの田中将賀という人気アニメ「とらドラ!」を生み出した名チームによって動き出した。「とらドラ!」は竹宮ゆゆこ氏のライトノベルが原作だったのに対し、「あの花」は長井監督初のオリジナルアニメとなった。「テレビシリーズのアニメは、マーケティング的なものなど、ある程度制約があるんですが、わりと自由にやらせてもらいました。今までのアニメだったら『こうやったらセオリーだよね』という部分を、逆に『セオリー通りじゃなくてもいいじゃん』という風にやらせてもらえたんです。制約をつくらずに意識して好きなことをどんどんやるということが、“やりたいこと”“好きなこと”につながったのかなと思います」

離ればなれになっていた少年少女の再会、淡い恋心、そしてトラウマとなった過去の傷を乗り越えていく成長記――これらのテーマは決して目新しいものではない。しかし、リアリティあふれる描写のなか、現代的な高校生5人の心の揺れ動きを繊細に描くため、“狂言回し”の役割を担う少女の幽霊を登場させることで、「あの花」特有の世界が完成した。劇場版は、テレビアニメを再編成したダイジェストと新たに用意した映像で構成し、別れを経験した若者が小さくも大きな一歩を踏み出す姿を映し出す。

「『劇場版を!』という感じではなかったんですよ、気負いとかもまったくなくて」と総集編として始動しつつも、「過去に秩父でやったイベントでの朗読劇があって、そのときにふわっと考えていた部分がもともとあったので、特に悩まず自然と出てきました」と新たなパートがつくり上げられた。テレビアニメの放送開始以来、イベントや“聖地巡礼”などファンとともに成長してきた「あの花」らしく、「キャラクターたちと、もともとの話のブレはなかったですよね。でも、好きでいてくれるファンの声には応えたい気持ちがあったので、新作部分をつくっていきました。あなるがよく髪をおろすようになったのは、ファンの方の声も聞いて、そっちの方が人気があったから(笑)。そういった意見もすこし取り入れていきました」とファンの熱い思いも組み込んだ。

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は、8月31日から全国で公開。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX...[Blu-ray/ブルーレイ] あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥23,328 監督:長井龍雪×脚本:岡田麿里×キャラクターデザイン:田中将賀の人気クリエイター陣で贈る、繊細で、優しく、チクッと“痛い”少年少女たちの青春群像劇。
とらドラ! Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] とらドラ! Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥28,604 TVアニメ『とらドラ!』がファン待望のブルーレイ化!ヒロインは手乗りタイガー!?超弩級のドタバタ学園ラブコメ!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi