「小さいおうち」こだわりの“おうち”の中を初公開!山田組こん身の出来栄え : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月29日 > 「小さいおうち」こだわりの“おうち”の中を初公開!山田組こん身の出来栄え
メニュー

「小さいおうち」こだわりの“おうち”の中を初公開!山田組こん身の出来栄え

2013年8月29日 06:00

初公開された「小さいおうち」こだわりのセット「小さいおうち」

初公開された「小さいおうち」こだわりのセット
(C)2014「小さいおうち」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山田洋次監督の82作目となる最新作「小さいおうち」のストーリーのなかで、メインの舞台となる“小さいおうち”の室内の様子を、映画.comが独占取材した。撮影に際し約1カ月間の製作期間をかけて建てられたこだわりようで、細部に至るまで慈しみを感じさせる山田組の“手仕事”は必見だ。

同作は、中島京子氏が第143回直木賞を受賞した同名小説が原作で、山田監督が初めて手がけるラブロマンス作。東京の赤い三角屋根の“小さいおうち”を舞台に、玩具会社勤務の旦那様と妻の時子、5歳の恭一ぼっちゃん、仕えて暮らす布宮タキのささやかな日常を描くとともに、旦那様の会社で働く青年・板倉正治と時子の淡い恋愛事件に秘められた真実が、60年の歳月を経て紐解かれていく。

セットが建てられたのは、東京・成城の東宝スタジオ内で最も大きなステージ。美術の出川三男氏は、原作で描かれる平井家の様子を忠実に表現するため、昭和10年頃に存在した家屋の資料などを参考に製作したという。

室内には玄関、廊下、応接間、居間、座敷、台所などが、実際の家屋のように精巧に再現されている。応接間に設置されたステンドグラスは、大正時代のものをアレンジし、今作のために作られたもの。また、タキの部屋は、玄関と台所の間に位置している。これは、玄関に来客があった際にすぐ対応できるように、台所へは炊事などで出入りしやすいようにという意図がある。

また、応接間の壁紙や照明、家具などにも西洋風の花紋様があしらわれているほか、畳式の居間には仏壇や神棚が置かれ、日本家屋らしい縁側が目を和ませてくれる。さらに、桜やハナミズキなどが立ち並ぶ庭、色鮮やかな洋風のポーチ、敷地外の道路や空き地、隣家なども建てられており、セットの総面積は約300坪、1000平方メートルにおよんでいる。

今作は昭和パートと平成パートにわかれており、昭和パートで主人公・時子を演じる松たか子は、「隠し剣 鬼の爪」以来約9年ぶりの山田組となる。ほか、平成パートの主人公に扮する倍賞千恵子をはじめ、吉岡秀隆黒木華片岡孝太郎妻夫木聡らが出演している。

小さいおうち」は、2014年1月25日から全国で公開。

復活~山田洋次・SLを撮る~[DVD] 復活~山田洋次・SLを撮る~[DVD] 最安価格: ¥4,104 映画監督・山田洋次の目を通し、足掛け3年間にわたり息を吹き返すまでの作業工程を記録した貴重な映像ドキュメンタリー。
隠し剣 鬼の爪 特別版[DVD] 隠し剣 鬼の爪 特別版[DVD] 最安価格: ¥2,506 幕末の海坂藩を舞台に、新しい世の中と侍の世界との間で揺れ動く一人の下級武士を中心に描いた時代劇。監督:山田洋次

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi