吉田大八監督の初舞台稽古場に潜入 夏菜&池松壮亮が本谷有希子のクセ者キャラに挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月28日 > 吉田大八監督の初舞台稽古場に潜入 夏菜&池松壮亮が本谷有希子のクセ者キャラに挑戦
メニュー

吉田大八監督の初舞台稽古場に潜入 夏菜&池松壮亮が本谷有希子のクセ者キャラに挑戦

2013年8月28日 18:00

稽古真っただ中の夏菜と池松壮亮「桐島、部活やめるってよ」

稽古真っただ中の夏菜と池松壮亮
(C)引地信彦
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督初の舞台作品となる「ぬるい毒」が、9月に上演される。現在稽古真っただ中の吉田監督と、メインキャストを務める夏菜池松壮亮に話を聞いた。

原作は第33回野間文芸新人賞を受賞した本谷有希子の同名小説。吉田監督は本谷の戯曲「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を2007年に映画化し、その手腕が高く評価されている。今回、再び本谷の原作を基に脚本を書き下ろし、初の舞台演出に挑む。

吉田監督にとって舞台の現場は「まだ手探りな部分もあるが、毎日稽古場に来て、(芝居が)変わっていくことを見るのが楽しくてしょうがない」。そして、「映像に比べると、俳優たちとのコミュニケーション密度が高い。フレームの外が映らないことを前提にできる映像と違い、全部むき出しで見えてしまうことが大変だが刺激的。OKカットを手に入れても終われないのも新鮮」と新たな発見を楽しんでいるようだ。

物語は、自分の人生は23歳で決まると信じる主人公・熊田が、ある日突然電話をかけてきた謎多き男・向伊に魅了されていく日々を描く。本谷作品ではおなじみの、自意識過剰な性格の主人公を演じる夏菜は「無駄にプライドが高かったり、傷つくのが嫌だから背伸びしたり、自分を殻で覆ってみたりして、大人っぽく見せたい、バカにされたくないという思いが熊田は強い」と分析。「今は消えましたが、私も若い頃にこういう時期ってあったな(笑)」と共感した部分を引き出しながら役と向き合っているという。

池松は今作が2度目の舞台作品。役作りで準備したことは「フラットにいようと思って、特別なことはしていません。1カ月半もあるので、(稽古着の)ジャージを用意したくらいでしょうか(笑)」といたってマイペース。「稽古入り前に台本を読んだ時点で感じた手ごたえを信じて突き進むだけです。これだけの期間準備するのだから、いつも以上のことができるはず、と自分にもプレッシャーをかけています」と気合いを見せた。

この日の稽古では、夏菜、池松のほか同世代の登場人物が集う場面を繰り返した。本谷が描いた世界観はそのままに、吉田監督のユーモアが加わったせりふ回しに、取材陣も思わず笑いをこらえられえない場面もあり、秋の公演に期待がかかる。

吉田監督は「撮影とは全然違うテンションで気を抜けない。毎日新しいものをここで作りださなければいけないし、しかも本番ですらない。昨日より今日が良いという手ごたえさえあればやっていける気になります」と力を込めて語った。

「ぬるい毒」は、東京・新宿の紀伊國屋ホールで9月13日から26日まで公演予定。チケットは現在発売中。

桐島、部活やめるってよ[Blu-ray/ブルーレイ] 桐島、部活やめるってよ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,628 早稲田大学在学中に第22回小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウのデビュー作を映画化した青春群像劇。
腑抜けども、悲しみの愛をみせろ[DVD] 腑抜けども、悲しみの愛をみせろ[DVD] 最安価格: ¥3,175 一触即発の人間関係を赤裸々かつブラック・ユーモアに描いた痛快・壮絶エンターテイメント。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi