石井岳龍監督、28年ぶりのモントリオール世界映画祭で観客とじっくりティーチイン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月26日 > 石井岳龍監督、28年ぶりのモントリオール世界映画祭で観客とじっくりティーチイン
メニュー

石井岳龍監督、28年ぶりのモントリオール世界映画祭で観客とじっくりティーチイン

2013年8月26日 23:00

笑顔をのぞかせる石井岳龍監督「シャニダールの花」

笑顔をのぞかせる石井岳龍監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鬼才・石井岳龍監督が8月24日(現地時間)、カナダで開催中の第37回モントリオール世界映画祭に出席し、フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に正式招待された新作「シャニダールの花」の舞台挨拶に立った。石井監督が同映画祭に参加するのは、「逆噴射家族」(1984)以来、約28年ぶりとなった。

石井監督は、上映後の舞台挨拶で会場に集まった観客の質問に応じた。主演した綾野剛の起用理由を問われると「彼はとてもスマートで、かつミステリアスな影と色気を持つ、今日本で最も人気がある俳優さん」と魅力を説明。「撮影現場で、綾野さんの演技に対するアプローチはもちろんのこと、さまざまなプロモーションの場において、彼の語る言葉にも助けられたと思う」と信頼を明かした。

綾野は映画祭に参加することはできなかったが、主演作が海外映画祭に初出品され「新たな世界で新たな眼差(まなざ)しで、見ていただけると思うと感謝しかありません。海外の皆様の脳内が石井監督の映画でどのように侵食されていくのか、楽しみです」と感激のコメントを寄せた。

本作は、石井監督が改名前の石井聰亙時代から温めてきたオリジナル企画を、綾野と黒木華の共演で映画化。選ばれた女性の体に咲く、謎めいた花に翻ろうされる男女の姿を描く。石井監督は、キーワードとなる花について「私にとって花は、美しいと同時にとても怖い存在」と持論を展開。そして「花というのは人間や動物のように、何かを行動的に主張することなく、ただそこに“ある”だけなので、多くの人にとっては、それが人間より弱者として、認識されてしまう。でも、本当にそうだろうか? 人間は進化したと言われていますが、はるか昔から存在する植物の方がずっと生命力にあふれるものだと思うんです。この投げかけを観客の皆さんにしたかった」と語りかけた。

シャニダールの花」は、全国で公開中。

ネオ・ウルトラQ VOL.1[DVD] ネオ・ウルトラQ VOL.1[DVD] 最安価格: ¥4,886 かつて地球ではさまざまなミステリーが起きていた。「ウルトラQ」から47年、再び怪異現象が地球を襲う…。全12話のオムニバス構成で描く“21世紀(新時代)の鎮魂歌(レクイエム)”!監督:石井岳龍
NHKVIDEO 綾野剛 RUN GO RUN ~裸にしたい男 ...[Blu-ray/ブルーレイ] NHKVIDEO 綾野剛 RUN GO RUN ~裸にしたい男 ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,063 NHK・BSプレミアム「裸にしたい男」シリーズ!!2012年11月27日、28日と二夜連続で放送された、「裸にしたい男~綾野剛~」を、中野裕之監督が新たな作品として再編集した特別版で収録!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi