山崎まさよし、韓国の動物映画祭で「キタキツネ物語」主題歌を披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月26日 > 山崎まさよし、韓国の動物映画祭で「キタキツネ物語」主題歌を披露
メニュー

山崎まさよし、韓国の動物映画祭で「キタキツネ物語」主題歌を披露

2013年8月26日 22:00

スンチョン湾世界動物映画祭に参加した山崎まさよし「キタキツネ物語 35周年リニューアル版」

スンチョン湾世界動物映画祭に参加した山崎まさよし
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手の山崎まさよしがこのほど、韓国・スンチョン市で開催された第1回スンチョン湾世界動物映画祭に参加し、オープニングセレモニーでドキュメンタリー映画「キタキツネ物語 35周年リニューアル版」の主題歌「道」を披露した。

朝鮮半島の南海岸に位置する同市が、「自然と人間、動物が共存する真夏の夜の映画祭り」をスローガンに、スンチョン湾自然生態公園やスンチョンジョレ湖公園などの特設ステージや劇場で動物映画を上映。動物とともに参加するレッドカーペットや、ペットと一緒に映画を鑑賞できる野外会場が設けられるなどの工夫が凝らされた。同作はオープニング上映作品として、映画祭の幕開けを飾った。

第1回ということで韓国国内の期待は高く、各地からさまざまな動物を連れた観客たちが訪れ、山崎をはじめとするゲストや出演者、広報大使がレッドカーペットを歩くと歓声が上がったという。炎天下の野外ステージにもかかわらず、最終的に立ち見を含む2000人の観客が集まり、山崎が楽曲を披露すると会場の熱気は最高潮に達した。

主題歌のオファーを受け、昔のフィルムも見直したという山崎は、「物語の最後は父ギツネの人生が続いていくという終わり方をしているので、ずっと“道”が続いていく、彼の生き方が子供たちに受け継がれていくということを象徴する意味で『道』という曲を作りました」と、楽曲に込めた思いを語る。また、映画祭に参加した感想を、「すごくアットホームですね。人間が(映画を)作って、映画祭をやるのも人間なのに、出ているのはほとんど動物だけというところが面白いですね。この映画祭が第2回、第3回と続くように、応援していきたいと思っております」と述べた。

キタキツネ物語 35周年リニューアル版」は、厳しい自然の中を生き抜くキタキツネ一家の姿を描いた「キタキツネ物語」(1978)を再編集、最新の技術で高画質化した作品。佐藤隆太平野綾西田敏行らが声優を務める。10月19日から全国で公開。

キタキツネ物語[DVD] キタキツネ物語[DVD] 最安価格: ¥1,299 流氷の彼方からやって来た一匹の雄ギツネ・フレップス。彼は雌ギツネレイラと愛し会い、春には5匹の子供が生まれる。しかし、短い夏が終わり、北の地に秋が訪れる頃、子別れの儀式が始まる…。
Concert at SUNTORY HALL[Blu-ray/ブルーレイ] Concert at SUNTORY HALL[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,365 デビュー15周年記念イヤーの締めくくりとして、2011年4月5日・6日の両日にサントリーホールで行われたコンサートの模様を収録。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi