ティムール・ベクマンベトフ「ベン・ハー」リブート版を監督? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月22日 > ティムール・ベクマンベトフ「ベン・ハー」リブート版を監督?
メニュー

ティムール・ベクマンベトフ「ベン・ハー」リブート版を監督?

2013年8月22日 19:19

ティムール・ベクマンベトフ監督「ウォンテッド」

ティムール・ベクマンベトフ監督
Photo by Stefania D'Alessandro/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米MGMが、1880年に発表されたルー・ウォーレスによる歴史小説「ベン・ハー」の映画化について、「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフ監督と交渉中であることがわかった。

原作小説は、ローマ帝国が支配するエルサレムのユダヤ人貴族ユダ・ベン・ハーの数奇な人生を、「新約聖書」のイエス・キリストの生涯を交えて描く叙事詩的ストーリー。これまでサイレント映画として1907年と25年、トーキー映画として59年、アニメ映画として2003年に4度映画化されている。なかでもウィリアム・ワイラー監督、チャールトン・ヘストン主演の59年版は、アカデミー賞で最多11部門を受賞。その後、「タイタニック(1997)」「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」が同じく11部門を受賞しているが、これを上回る記録は出ていない。

米Deadlineによれば、MGMは今年1月、脚本家キース・クラーク(「ウェイバック 脱出6500km」)が脚色した企画を買い取り、リブートに向けて動き出した。クラークの脚本は、ベン・ハーと旧友メッサラの死闘にフォーカスした59年版とは違った趣になっており、より原作に忠実で、かつて親友だったベン・ハーとメッサラの人生の軌跡を描くようだ。

ベン・ハー 製作50周年記念リマスター版[Blu-ray/ブルーレイ] ベン・ハー 製作50周年記念リマスター版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 紀元1世紀のローマ帝国を舞台に、エルサレムの豪族の息子“ベン・ハー”がたどる数奇な運命を描いたスペクタクル大作。
ウォンテッド[DVD] ウォンテッド[DVD] 最安価格: ¥927 ティムール・ベクマンベトフ監督が放つ、アクション映画の常識を覆す衝撃の“新次元”ムービー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi