ルーニー・マーラ「サイド・エフェクト」での脱ぎっぷりがすごい! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月19日 > ルーニー・マーラ「サイド・エフェクト」での脱ぎっぷりがすごい!
メニュー

ルーニー・マーラ「サイド・エフェクト」での脱ぎっぷりがすごい!

2013年8月19日 12:30

マーラは、謎に満ちた事件を起こす妖艶な人妻役「サイド・エフェクト」

マーラは、謎に満ちた事件を起こす妖艶な人妻役
(C)2013 Happy Pill Distribution, LLC. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]スティーブン・ソダーバーグ監督“最後の劇場映画”「サイド・エフェクト」で、抗うつ剤の副作用で思いもよらない事件を巻き起こしてしまう若妻を演じたルーニー・マーラの大胆な脱ぎっぷりが、話題を呼んでいる。

天才ハッカーを演じてアカデミー賞主演女優賞ノミネートを受けた「ドラゴン・タトゥーの女」で、惜しげもなくヌードを披露したマーラだが、今作でもチャニング・テイタム演じる夫との大胆なセックスシーンに挑んでいる。自殺を図るほどのうつ病に悩まされていた人妻が、担当医(ジュード・ロウ)から投与された新薬によって気力と性欲が回復し、服役から戻ってきた夫との熱い抱擁を見せつける。物憂げな瞳で担当医までも魅了していくヒロインの、美しい肢体が堪能できるシーンだ。

ミステリアスなエミリー役に挑んだマーラは、「私はただ本当に、複雑で面白い役を演じていたい」と役にかける思いを語る。「自分の尊敬できる監督や役者と仕事ができるということは、とても幸運なこと」と自覚するマーラにとっては、裸体をさらすことなど何の問題もないに違いない。不安定な精神を持つ今回の役にあたり、「映画をたくさん見て、大勢のドクターと話したわ。それから実際のうつ病患者にも会って話をしたり、その人たちを記録したビデオ日記も見て分析したの。奇妙な経験だけど、とても役に立ったわ」と万全の役作りで臨んだという。

エミリーに関わってしまったことで、人生の窮地に追い込まれる医師バンクス役のロウも、「彼女は無垢(むく)さもありながら、そのキャラクターの深くにある読めない部分を混ぜ合わせる能力に長けている。それがその妖艶さに火をつけるんだ。若い女優にはあまり見られない部分だね。この世界では完璧だ」とマーラを絶賛している。

サイド・エフェクト」は、「トラフィック」のオスカー監督ソダーバーグが、精神科医と抗うつ剤に依存するアメリカ社会をテーマに描く心理サスペンス。テレビ界への進出を公言している監督が最後に手掛けた劇場用映画としても注目を集めている。9月6日から全国公開。

ドラゴン・タトゥーの女[DVD] ドラゴン・タトゥーの女[DVD] 最安価格: ¥1,000 2005年にスウェーデンで刊行され、瞬く間に世界的ベストセラーとなった人気謎解きミステリーを、デヴィッド・フィンチャー監督によって映像化!出演:ルーニー・マーラ
【初回生産限定スペシャル・パッケージ】オーシャンズ11[DVD] 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】オーシャンズ11[DVD] 最安価格: ¥1,000 スティーブン・ソダーバーグ監督がジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツほか超豪華キャストを迎えて贈るサスペンス・アクション作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi