Zeebra×小林克也、超犯罪多発地域の壮絶さ語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月18日 > Zeebra×小林克也、超犯罪多発地域の壮絶さ語る
メニュー

Zeebra×小林克也、超犯罪多発地域の壮絶さ語る

2013年8月18日 22:00

トークを盛り上げたZeebraと小林克也「エンド・オブ・ウォッチ」

トークを盛り上げたZeebraと小林克也
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米でも指折りの犯罪多発地域、ロサンゼルスのサウス・セントラルで撮影された「エンド・オブ・ウォッチ」の公開を記念し8月18日、今作のウェブ限定映像にイメージソングを提供したラッパーのZeebraが、DJの小林克也氏とトークショーを行った。

5分に1件のペースで事件が起こると言われるサウス・セントラルは、現地の報道陣ですら取材に足を運ぶことに躊躇(ちゅうちょ)すると言われている。映画では、パトロール中に麻薬カルテルの取引を目撃した警官コンビの命懸けの戦いを描く。

同地区で育ったデビッド・エアー監督による今作を、小林は「足立区出身の監督が足立区を舞台に撮ったようなもので、北野武みたいなもの」と説明。Zeebraは実際に同所へ足を踏み入れたことがあるそうだが「昼間は子どもが遊んでいたりしてなんとなく平和なんですが、暗くなってくるとかなり危ない雰囲気になる」と証言する。小林はスヌープ・ドッグが近隣の街の出身だとし、「卒業アルバムを見たら半分くらいが死んでいたらしい。それでどういう場所か分かる」と語る。

自身の新曲「Sound Of Money」を、ウェブ限定で公開される特別映像のイメージソングとして提供したZeebra。楽曲について「普通は“金の匂い”って言い方をするけど、これは“金の音”ということで、『チャリン』という金の音に付いて行けば儲かるぜという意味。この映画がなぜこんなにデンジャラスかと言うと、そこにお金の話があるから」と説明。映画の見どころは、「リアリティとフィクションの境のなさが魅力。どこかドキュメンタリーのようで、『警察24時』とかYouTubeにアップされている警官の横暴なんかをアップした映像に近い。YouTubeのない時代ならこれだけのリアリティは感じなかったと思う」と現代ならではのリアリティを称賛うる。小林も「この手法は絶対にこれから増えてくると思う」と絶賛した。

L.A.コンフィデンシャル-ブルーレイ・エディション-[Blu-ray/ブルーレイ] L.A.コンフィデンシャル-ブルーレイ・エディション-[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 鬼才ジェイムズ・エルロイの同名小説を映画化した、ラッセル・クロウ主演による珠玉のクライム・サスペンス!
コラテラル[DVD] コラテラル[DVD] 最安価格: ¥818 麻薬組織に雇われた殺し屋を乗せてしまったタクシー運転手が巻き込まれるトラブルを描くサスペンス・アクション。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi