山田洋次監督「小さいおうち」 倍賞千恵子ナレーションの特報映像がお披露目 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月10日 > 山田洋次監督「小さいおうち」 倍賞千恵子ナレーションの特報映像がお披露目
メニュー

山田洋次監督「小さいおうち」 倍賞千恵子ナレーションの特報映像がお披露目

2013年8月10日 12:00

倍賞千恵子のナレーションが印象的な特報映像解禁「小さいおうち」

倍賞千恵子のナレーションが印象的な特報映像解禁
(C)2014「小さいおうち」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山田洋次監督の82作目となる最新作「小さいおうち」の特報映像が解禁。中島京子氏の直木賞受賞作を映画化する同作の本編映像が初公開された。

東京郊外に建つ赤い三角屋根の“小さいおうち”で女中として働く女性・布宮タキと、家の主人で玩具会社勤務の平井雅樹、その妻・時子、2人の5歳になる息子・恭一の穏やかな日常をつづりながら、雅樹の部下の青年・板倉正治と時子の間に起こった淡い恋愛事件の真相が、60数年の時を経て紐解かれていく様子を描く。本編は昭和パートと平成パートに分かれ、昭和パートには時子役の松たか子、若き日のタキを演じる黒木華、平成パートには晩年のタキ役で倍賞千恵子らが出演する。

解禁された特報映像では、晩年のタキを演じる倍賞がナレーションを担当しており、今回の映像のためだけに収録が行われた。その場には山田監督自身も立ち会い、読み上げ方などを細かく演出したという。

映像の前半には、意味深な表情を浮かべて家を出るタキと、赤い三角屋根の窓からそのタキの姿を見送る時子の姿が映されている。この場面は物語の重要な鍵を握るシーンになるといい、倍賞の柔らかく穏やかなナレーションと相まって、謎めいた映像に仕上がっている。

また、「東京家族」に続いて2度目の山田作品参加となった久石譲が手がけた音楽も、今回の特報で初披露。昭和モダンを思わせる甘美なメロディが余韻を残す。

小さいおうち」は2014年1月25日から全国公開。

東京家族[Blu-ray/ブルーレイ] 東京家族[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,030 半世紀のあいだ、その時代、時代の〈家族〉と向き合ってきた山田洋次監督が、いま2012年の家族を描く。
『男はつらいよ HDリマスター版』 プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様[DVD] 『男はつらいよ HDリマスター版』 プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様[DVD] 最安価格: ¥95,002 葛飾柴又生まれのテキ屋“フーテンの寅”の活躍を描いた、渥美清主演で贈る傑作人情映画シリーズ「男はつらいよ」全作をひとつにしたDVD-BOX。監督:山田洋次

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi