タランティーノが敬愛する石井隆監督が「ジャンゴ」を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月7日 > タランティーノが敬愛する石井隆監督が「ジャンゴ」を語る
メニュー

タランティーノが敬愛する石井隆監督が「ジャンゴ」を語る

2013年8月7日 13:00

「甘い鞭」を演出中の石井隆監督「ジャンゴ 繋がれざる者」

「甘い鞭」を演出中の石井隆監督
(C)2013「甘い鞭」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ヌードの夜」「GONIN」などの暴力と官能に彩られた作品で知られ、クエンティン・タランティーノが「お気に入りの監督のひとり」と公言する石井隆監督が、タランティーノの最新作「ジャンゴ 繋がれざる者」について語った。

「本当に(ファンだと)言ってるの?」と半信半疑な表情を見せつつも、「彼の作品は全部見ています」と言う石井監督。「ジャッキー・ブラウン」のパム・グリアや、タランティーノ作品でブレイクしたサミュエル・L・ジャクソンを例に挙げ、「女優さんや脇役を演じてきた役者の使い方がいいなと。すっとカッコ良く映す。そういう映し方、出し方を見ると、実力があるのにちょっと運が悪かっただけの人たちへの愛情が感じられて、すごく優しい人だと思いますね」と印象を語る。

「ジャンゴ」については、「アメリカ人なのに今まで西部劇を撮っていない。おそらく、ずっと撮りたくてしょうがなかったんじゃないかな」と心境を分析。「僕の印象ですが、『リバティ・バランスを射った男』で西部劇らしい西部劇が終わり、『ソルジャー・ブルー』を境に西部劇でネイティブ・アメリカンを敵にできない空気になり、結局、西部劇はマカロニウエスタンに姿を変えた。子どもの頃からチャンバラで育った日本の映画人の僕が時代劇を撮りたいのと同じように、アメリカの映画人として西部劇が撮りたい。じゃあ映画の作劇として、敵を誰にするか。これは大きな問題なんだけれど、おそらくタランティーノには黒人俳優の友だちも多いだろうし、南部を舞台に奴隷制を描くことを思いついたんでしょう。主人公は黒人、いい白人はドイツ人、悪いのは全部アメリカの白人にしてしまえばいいと」。そして、「(セルジオ・)コルブッチの『殺しが静かにやって来る』あたりの、シュールでなんでもありのマカロニウエスタンにしたことで、自由に、周りから非難されることも少なかったのでは」と続ける。


「ジャンゴ 繋がれざる者」のクライマックスシーン「ジャンゴ 繋がれざる者」

「ジャンゴ 繋がれざる者」のクライマックスシーン
(C)2012 Visiona Romantica, Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

注目のシーンは、やはり「最後の銃撃戦」とのことで、CGを使わずに弾着で血のりを飛び散らせる昔ながらの表現に、「ためにためたラストシーンじゃないですか、嬉しくなっちゃいますねえ。(血のりが)ドバシャ!ドバシャ!って(笑)」と嬉々とした表情に。それもそのはず、石井監督自身がリアリティにこだわり、数々の作品で“血の海”を描いてきた映像作家だからだ。

「映画は嘘んこで、その中で人が死ぬのも嘘じゃないですか。でも見る人は必死に(映画の世界に)同化しようとする。流れる血まで嘘だと分かったら、見る人は冷めちゃう。見る人を最後までダマし通そうとする意志は、血に出てくると思っているんです。だからやたらしつこく血の色と重さにはこだわっていますね」という思いは、タランティーノ作品にも共通しているという。「『レザボア・ドッグス』から耳を切る描写を入れていたりして、血に引き寄せられている人なんでしょうね。血から色んな発想をしていく人なんじゃないかな」。

荒唐無稽なマカロニウエスタンのスタイルを取りつつも、「ジャンゴ 繋がれざる者」は、登場する銃や史実など虚実のバランスが絶妙だ。石井監督は「奴隷制度をきちんと描いたアメリカ映画は少なかったし、白人に虐待される黒人ばかりじゃなく、白人にこびる黒人も多くいたり、“こんなことがあったの?”“『ニガー! ニガー!』の連発でヤバくないのかな?”と、新たな発見をする見方もいいと思いますよ」と楽しみ方を語る。そして、同作にはタランティーノが愛する映画へのオマージュがいっぱいだが、「『あのシーンはあの映画から、このシーンはこの映画から』という見方はもうやめようって思う。映画を見過ぎているから自然に同じセリフや光景が、興奮しながらシーンを思い描く時や現場で演出する時に、あたかも自分のそれのようにすらすら出てくるんだろうし、オマージュという名の模倣のレベルをはるかに超えている人だと思う。サービス精神旺盛だから、引用とかを認めて話題を盛り上げているけど、本当は、自分の世界観でどんどん撮ってる人じゃないのかな」と結んだ。

石井隆監督最新作「甘い鞭」は、9月21日から全国で順次公開。「ジャンゴ 繋がれざる者」ブルーレイ&DVDは発売中(デジタル配信およびTSUTAYA限定レンタルもスタート)。

【初回生産限定仕様】ジャンゴ 繋がれざる者 ブルーレイ プレミア...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回生産限定仕様】ジャンゴ 繋がれざる者 ブルーレイ プレミア...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,600 クエンティン・タランティーノ監督が、前作からおよそ3年ぶりに放つ骨太のアクション大作。
ヌードの夜[DVD] ヌードの夜[DVD] 最安価格: ¥3,652 男は命を賭けた。振り向いてもくれない女に。鬼才・石井隆監督・脚本で描く、危険で甘美なハードボイルド・サスペンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi