高良健吾、憧れの野外上映で「横道世之介」を振り返る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月3日 > 高良健吾、憧れの野外上映で「横道世之介」を振り返る
メニュー

高良健吾、憧れの野外上映で「横道世之介」を振り返る

2013年8月3日 21:30

屋外上映に参加した高良健吾「横道世之介」

屋外上映に参加した高良健吾
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 高良健吾主演の青春作「横道世之介」が8月3日、東京・中目黒で無料映画上映会&トークショーを行うイベント「ナカメキノ」で上映され、高良をはじめ、映画評論家の中井圭氏らがトークイベントに出席。高良は目黒川沿いの船入場という野外上映に、「主演だろうが助演だろうが1本1本が特別だし大切だけど、『横道世之介』は一番現場の外で色々なことを感じられた作品。僕も野外上映にあこがれが強くて、3週間くらい前に初めてニューヨークで、野外で映画を見た。外で見ると雰囲気が違うと思う」と感慨深げに挨拶した。

悪人」「パレード」などで知られる人気作家・吉田修一氏による青春小説を、俊英・沖田修一監督が映画化。1980年代を舞台に、長崎の港町から大学進学のため上京したお人よしの青年・横道世之介、世之介の恋人で社長令嬢の与謝野祥子らが過ごした青春時代をユーモラスに描き出す。高良のほか、吉高由里子池松壮亮伊藤歩綾野剛ら実力派若手キャスト陣が結集。劇団「五反田団」主宰の劇作家で小説家の前田司郎が共同脚本を担当した。

高良は、世之介を演じるに際し「とにかく欲を出さないということを大切にしていた。良いシーンや良いセリフは脚本の時点でたくさんあったので。僕が意識したのは、全部カメラの手前で終わらせること。カメラの向こうにはみ出していくのは避けたかった」とポリシーを語った。

また、現場でプレイバックのできないフィルムで撮影された本作に「デジタルに期待していきたいけど、フィルムは緊張感が違う。僕はモニターチェックをしない。昔、廣木隆一監督に『役者がモニターチェックなんかしなくていい』と怒られたので」と明かした。そして、「沖田監督は『何か違うからもう1回』ってことが結構あって、僕はそれがすごくうれしい。実は言葉で説明できることってあんまりない。この映画には携帯電話がないからこその出会いや別れがある。この間、武士(「武士の献立」)をやった時にも思ったけど、好きな人に対する思いに時代は関係ない」としみじみ語った。

横道世之介」のブルーレイ&DVDは、8月7日発売。

横道世之介【スペシャル版】[Blu-ray/ブルーレイ] 横道世之介【スペシャル版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 吉田修一による“青春小説の金字塔”を、沖田修一監督が高良健吾、吉高由里子ら豪華俳優陣と映画化!
千年の愉楽[DVD] 千年の愉楽[DVD] 最安価格: ¥3,959 紀州が生んだ鬼才・中上健次の代表作「千年の愉楽」を、若松孝二が映画化。出演:高良健吾

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi