本棚は人表わす 冨永愛「自分の鏡になっていると思うと…」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月2日 > 本棚は人表わす 冨永愛「自分の鏡になっていると思うと…」
メニュー

本棚は人表わす 冨永愛「自分の鏡になっていると思うと…」

2013年8月2日 18:00

冨永愛(中央)とクラウディオ・コルッチ氏(右)

冨永愛(中央)とクラウディオ・コルッチ氏(右)
Photo YANO NOBUO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] モデルの冨永愛がMCを務めるBS12ch「TwellV」のインテリア番組『ライフデザインラボ』。8月2日午後9時30分ほか放送の第6回は「もっと収納を楽しもう!アラカルト編」。番組初の海外出身ゲストとして、日本にも事務所を構えるデザイナーのクラウディオ・コルッチ氏に収納の秘訣を聞いた。

様々な収納があるなか、冨永が気になっているのは本棚。「私は本が好きで、家にけっこういろんな本があるんですけど、見せる為の収納となると、どのように収納するのがポイントなんでしょう?」と尋ねた。

コルッチ氏は、クリエイティブに楽しめばいいとアドバイスし「棚は自分の考えや記憶を映し出すんですよ。その人が何を読んで何を収集して、どこに旅をしたか棚を見るとわかってしまいます。棚はその人のプロフィールでもあるんですよ」。冨永は「お家に帰って棚を見た時に、それが今の自分の鏡になっていると思うと、ドキドキしますね(笑)」と話していた。

またコルッチ氏がインテリアデザインを手がけた、東京・神楽坂の古い日本家屋を改築してつくったワインバーが紹介され、「日本人が思いつかないような発想というか、面白いミックスですね!」と魅入っていた。(映画.com×文化通信.com)

プロフェッショナル 仕事の流儀 インテリアデザイナー 片山正通の仕事 人気ショップは...[DVD] プロフェッショナル 仕事の流儀 インテリアデザイナー 片山正通の仕事 人気ショップは...[DVD] 最安価格: ¥2,923 様々な分野の第一線で活躍するプロの「仕事の流儀」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリーシリーズ第7弾。今作は、この男に任せれば店に人が集まりモノが売れるといわれ、日本だけではなく世界各国から店舗のデザイン依頼が殺到するインテリアデザイナー・片山正通の現場に密着する。
ジブリの本棚[DVD] ジブリの本棚[DVD] 最安価格: ¥3,201 今回、映画の製作にあたり再び注目されることになった岩波少年文庫から宮崎駿監督が子供達のために選んだ50冊の児童文学。その一冊一冊に書かれた監督の推薦文と共に、本への思いや宮崎作品の原点ともなった児童文学の魅力を語る。宮崎監督の創作の秘密を多面的に解くことのできる貴重な作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi