岩波ホール夏休み特別企画 広島・長崎被爆者を招くトークイベント開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月31日 > 岩波ホール夏休み特別企画 広島・長崎被爆者を招くトークイベント開催
メニュー

岩波ホール夏休み特別企画 広島・長崎被爆者を招くトークイベント開催

2013年7月31日 07:00

特別上映のポスター画像「戦争(1931)」

特別上映のポスター画像
(C)NHK/Things Left Behind, LLC 2012
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ひろしま 石内都・遺されたものたち」(リンダ・ホーグランド監督)と「ヒロシマナガサキ」(スティーブン・オカザキ監督)を公開中の岩波ホール(東京都千代田区)で、広島・長崎での被爆、戦争経験者5人を招いてのトークイベント「夏休み特別企画 親子で知ろう 広島・長崎『戦争』と『原爆』」が、8月5日から開催される。

映画「ヒロシマナガサキ」には、戦争の悲惨さと原爆=核の脅威を伝えてきた中沢啓次さんや山口仙二さんら亡き被爆者が多数出演している。今回のトークイベントでは、被爆体験だけでなく、戦時中の日々の暮らし、一人一人の個人史から、戦争と核の問題を見つめていく。

ヒロシマナガサキ」は、親子で鑑賞できるよう日本語吹替版での上映が行われる。戦争経験者や被爆者の高齢化が進み、その記憶を担う次世代の役割が大きく問われているいま、悲惨な時代を生き抜いた人たちの生の声に触れることのできる貴重な機会だ。トークイベントは9日まで、連日午後1時から。映画の半券持参でどの回にも入場可。

独立プロ名画特選 ひろしま[DVD] 独立プロ名画特選 ひろしま[DVD] 最安価格: ¥3,175 長田新の「原爆の子」より八木保太郎が書下ろしたシナリオを『混血児』の関川秀雄が監督。1945年8月6日、広島に原爆が投下された直後の惨状、その後の被災者たちの苦しみを、執拗なリアリズムの映像で再現。
ヒロシマナガサキ[DVD] ヒロシマナガサキ[DVD] 最安価格: - 『Days of Waiting(待ちわびる日々)』でアカデミー賞ドキュメンタリー映画賞に輝いたスティーヴン・オカザキ監督が、25年の歳月をかけて完成させた渾身のドキュメンタリー映画!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi