【全米映画ランキング】ヒュー・ジャックマン主演「ウルヴァリン:SAMURAI」が首位デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月30日 > 【全米映画ランキング】ヒュー・ジャックマン主演「ウルヴァリン:SAMURAI」が首位デビュー
メニュー

【全米映画ランキング】ヒュー・ジャックマン主演「ウルヴァリン:SAMURAI」が首位デビュー

2013年7月30日 18:24

首位に立った「ウルヴァリン:SAMURAI」「ウルヴァリン:SAMURAI」

首位に立った「ウルヴァリン:SAMURAI」
(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース]先週末の全米ボックスオフィスは、ヒュー・ジャックマン主演の「ウルヴァリン:SAMURAI」が約5500万ドルのオープニング興収で首位デビューを飾った。

同作はマーベルの大ヒットコミック「X-MEN」の人気キャラクター、ウルヴァリンの日本での戦いを描いたSFアクション大作。1945年8月、長崎近郊の捕虜収容所にいたローガン/ウルヴァリン(ジャックマン)は、米軍によって落とされた原爆の爆風から日本軍将校の矢志田を守り、命を助ける。その60数年後、カナダの山奥で隠遁生活を送っていたローガンは、戦後、科学技術関連のビジネスで成功し、大物実業家となった矢志田に請われて再び日本の地を踏むが、そこで巨大な陰謀に巻き込まれていく。

当初は、クリストファー・マッカリー脚本、ダーレン・アロノフスキー監督により製作が進行していたが、アロノフスキーの降板や東日本大震災などで撮影が延期となり、マーク・ボンバック(「ダイ・ハード4.0」)とスコット・フランクが脚本をリライトし、「3時10分、決断のとき」「ナイト&デイ」のジェームズ・マンゴールドが監督した。

北米でのオープニング興収は、前作「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」(2009)より約3000万ドルほど低い数字だったが、北米や9月公開の日本以外では約8600万ドルを稼ぎ、全世界興収は約1億4000万ドルに。批評家による作品の評価は前作より高いので、2週目以降の踏ん張りに期待したいところだ。共演は、真田広之、TAO、福島リラウィル・ユン・リーファムケ・ヤンセン

2位は、前週首位の実録ホラー「死霊館」。2週目も好調をキープし、10日間の累計興収は約8400万ドルに。最終興収は約1億5000万ドル近辺になりそうだ。

3位「怪盗グルーのミニオン危機一発」は公開4週目で累計興収3億ドルを突破。このサマーシーズン公開作の中では、「マン・オブ・スティール」(約2億8600万ドル)を抜いて、「アイアンマン3」(約4億700万ドル)に次ぐ2位に躍り出た。ちなみに今夏公開作の累計興収4位はピクサーアニメ「モンスターズ・ユニバーシティ」(約2億5500万ドル)、5位は「ワイルド・スピード EURO MISSION」(約2億3700万ドル)。

今週末はデンゼル・ワシントンマーク・ウォールバーグ主演のアクション「2ガンズ」、大ヒットアニメ第2弾「スマーフ2 アイドル救出大作戦!」が公開となる。

ウルヴァリン/X-MEN ブルーレイBOX<6枚組>〔初回生産限...[Blu-ray/ブルーレイ] ウルヴァリン/X-MEN ブルーレイBOX<6枚組>〔初回生産限...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥8,208 突然変異によって特殊な能力に目覚めた“ミュータント”たちの物語を描いた人気シリーズ4作をセットにしたクアドリロジーBOX。
3時10分、決断のとき[DVD] 3時10分、決断のとき[DVD] 最安価格: ¥927 ラッセル・クロウ×クリスチャン・ベイルの2大スター豪華共演で贈る西部劇の傑作!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi