劇場版「あの花」予告でめんまの過去やテレビ版の1年後が明らかに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月26日 > 劇場版「あの花」予告でめんまの過去やテレビ版の1年後が明らかに
メニュー

劇場版「あの花」予告でめんまの過去やテレビ版の1年後が明らかに

2013年7月26日 12:00

止まっていた時が動き出す「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」

止まっていた時が動き出す
(C)ANOHANA PROJECT
[拡大画像]

人気テレビアニメを映画化した「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(長井龍雪監督)の予告編が、このほど公開された。テレビシリーズのクライマックスシーンをはじめとした名場面に加え、本作のために用意された新映像を盛り込み、喪失を乗り越え新たな一歩を踏み出した少年少女の姿を描き出す。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は、2011年4~6月に、フジテレビ系深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送されたオリジナルアニメ。高校生グループの不思議なひと夏の出来事を通して、若者の葛藤(かっとう)、成長、友情を丹念に描き、深夜帯の放送にもかかわらず社会現象となるほどの人気を博した。劇場版は、テレビシリーズでは描かれなかった主人公たちの過去や、1年後を明らかにする。

小学生時代、仲良しグループ「超平和バスターズ」を結成し、秘密基地で楽しい日々を送っていた仁太(じんたん)、芽衣子(めんま)、鳴子(あなる)、集(ゆきあつ)、知利子(つるこ)、鉄道(ぽっぽ)。しかし、芽衣子の事故死をきっかけに、残された5人は離れ離れになっていく。高校1年生のある夏の日、死んだはずの芽衣子が仁太の前に現れたことから、5人は再び秘密基地に結集。芽衣子が戻ってきた理由を探る過程で、それぞれが抱えていた感情をぶつけ合っていく。

予告編は、ひとりぼっちだった少女・芽衣子と超平和バスターズの出会いから始まる。幼いころのキラキラとした思い出から一転、芽衣子の死と散り散りになった5人の悲しい過去が映し出される。芽衣子の「見つかっちゃった」という言葉で切り替わる後半は、ロックバンド「Galileo Galilei」による劇場版の主題歌「サークルゲーム」が流れ、過去と向き合った5人が迎える新たな夏の始まりを予感させる。

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は、8月31日から全国で公開。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX...[Blu-ray/ブルーレイ] あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥23,386 監督:長井龍雪×脚本:岡田麿里×キャラクターデザイン:田中将賀の人気クリエイター陣で贈る、繊細で、優しく、チクッと“痛い”少年少女たちの青春群像劇。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi