芦田愛菜ちゃん、行定勲監督「円卓」で映画初主演 関西弁で毒づきまくる! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月26日 > 芦田愛菜ちゃん、行定勲監督「円卓」で映画初主演 関西弁で毒づきまくる!
メニュー

芦田愛菜ちゃん、行定勲監督「円卓」で映画初主演 関西弁で毒づきまくる!

2013年7月26日 05:00

口が悪くて少し偏屈な“こっこ”に扮する芦田愛菜ちゃん

口が悪くて少し偏屈な“こっこ”に扮する芦田愛菜ちゃん
(C)2014「円卓」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気子役の芦田愛菜ちゃんが、行定勲監督の最新作「円卓」で映画作品としては初めてとなる単独主演を務めることが決定した。主人公の琴子(こっこ)に扮する愛菜ちゃんは、口が悪く少し偏屈という設定で、「うるさい! ぼけ!」など、兵庫出身ならではの“ネイティブ”な関西弁を披露する。

今作は、大阪のとある家族の物語。愛菜ちゃんは、大家族の温かい眼差(まなざ)しに包まれて暮らしていながらも、いつも不満だらけで、孤独にも憧れている小学3年生という難役に挑む。これまで、れっきとした関西人でありながら多くの出演作が標準語で、ピュアな役どころが多かったが、今作では愛らしい顔からは想像もできないほど関西弁で毒づきまくるという。

7月中旬から大阪各所でロケーションを行っている愛菜ちゃんは、「この夏にいろんなことを経験して、少し大人になるこっこちゃんをうまく演じられればいいなあと思います」とやる気満々。行定監督の印象は、「最初はちょっと怖かったです(笑)。でも、今はお芝居のことをいろいろ教えてくださるので、監督と一緒にいられる間にお芝居のことを勉強したいです」と意欲をみなぎらせている。

関西弁については、「学校ではすべて標準語なので忘れかけていたところもあったんですが、お母さんやお父さんに教えてもらったり、関西に住んでいるおじいちゃんやおばあちゃんに確認しながらセリフを練習しました」と語る。そして、「今では撮影がない時でも関西弁なので、ずっとこっこやんの気持ちでいられて楽しいです(笑)」とコメントを寄せた。

行定監督は、「芦田愛菜がいるから、この企画はやれるなと思いました。ある種、ダークヒロインなんですね、この主役の女の子は。すごく表情豊かで面白い。このバイタリティで勝負しなくちゃならないところがあるんで、もう愛菜ちゃんしかいないなと」と起用理由を説明。さらに、「よく“天才子役”っていうじゃないですか。すごい才能に驚きますね。こちらが思っていることを凌駕するんですよ」と、その実力を絶賛している。

「円卓」は、2014年に全国で公開予定。

Mother DVD-BOX[DVD] Mother DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥15,725 女性たちがそれぞれの生きる道の中で、自分を見つめ直し自身で生き方を探し求めていく、現代を生きる女性たちの物語。出演:芦田愛菜
ゴースト もういちど抱きしめたい[DVD] ゴースト もういちど抱きしめたい[DVD] 最安価格: ¥3,024 ラブストーリーの名作が、現代の日本を舞台にして、設定も新たに生まれ変わる!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi