人気ドライビングゲーム「グランツーリスモ」がハリウッドで映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月25日 > 人気ドライビングゲーム「グランツーリスモ」がハリウッドで映画化
メニュー

人気ドライビングゲーム「グランツーリスモ」がハリウッドで映画化

2013年7月25日 13:15

映画版をプロデュースするデ・ルカ(左)&ブルネッティ「ワイルド・スピード」

映画版をプロデュースするデ・ルカ(左)&ブルネッティ
Photo by Frederick M. Brown/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ソニーのプレイステーション用ゲームソフト「グランツーリスモ」シリーズを、米ソニー・ピクチャーズ・エンタテイメントが映画化すると、米The Wrapが報じた。

山内一典氏がプロデュースを手がけ、ポリフォニー・デジタルが企画・開発するドライビングゲームで、1997年の1作目から2010年の5作目まで全世界累計7000万本が出荷された人気シリーズ。最新作「グランツーリスモ6」が、今冬に発売される予定だ。

映画版は、「ソーシャル・ネットワーク」のプロデューサーコンビ、マイケル・デ・ルカデイナ・ブルネッティが手がける。現時点ではスタジオからの声明は発表されておらず、ストーリーや監督&キャストといった詳細も明らかになっていない。

カーアクション映画では、ユニバーサル・スタジオの「ワイルド・スピード」シリーズが本数を重ねるごとに興行収入を伸ばし、現在も第6弾「ワイルド・スピード EURO MISSION」が大ヒットしている。これに乗じ、ドリームワークスは米エレクトロニック・アーツ社から発売されているレースゲーム「ニード・フォー・スピード(Need for Speed)」を映画化(14年3月全米公開予定)。レジェンダリー・ピクチャーズも、玩具メーカー・マテルのミニカーブランドで、現在はオンラインゲームも展開されている「ホットウィール(Hot Wheels)」を映画化するプロジェクトを抱えている。

ソーシャル・ネットワーク[DVD] ソーシャル・ネットワーク[DVD] 最安価格: ¥1,000 世界を席巻する若き天才の素顔を、鬼才デヴィッド・フィンチャー監督が暴く!若き億万長者・世界最大のSNS“facebook”のCEO、マーク・ザッカーバーグのサクセス・ストーリー!
ワイルド・スピード ペンタロジー(デジタルコピー付)[Blu-ray/ブルーレイ] ワイルド・スピード ペンタロジー(デジタルコピー付)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,571 人気カーアクション『ワイルド・スピード』シリーズ5作品をセットにしたペンタロジー(5部作)セット。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi