「僕は友達が少ない」実写映画化決定!瀬戸康史が人生初の金髪で主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月25日 > 「僕は友達が少ない」実写映画化決定!瀬戸康史が人生初の金髪で主演
メニュー

「僕は友達が少ない」実写映画化決定!瀬戸康史が人生初の金髪で主演

2013年7月25日 12:00

「僕は友達が少ない」に主演する瀬戸康史と北乃きい

「僕は友達が少ない」に主演する瀬戸康史と北乃きい
(C)2014映画「僕は友達が少ない」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 平坂読氏のライトノベル「僕は友達が少ない」が、瀬戸康史主演で実写映画化されることが決まった。“友達作り”の部活動を描くという斬新な設定と強烈な登場人物が読者の心をつかみ、シリーズ累計発行部数は555万部を突破。映画では及川拓郎監督のメガホンのもと、ヒロインに北乃きいを迎え、完全オリジナルストーリーで描かれる。

2011年に2期にわたりTBS系でアニメ化され、不動の人気を誇る話題作の主人公・羽瀬川小鷹を演じる瀬戸は、人生初の金髪姿を披露する。また、小鷹を振り回す中心人物・三日月夜空役の北乃は、トレードマークである爽やかな笑顔を封印。清々しいほど不機嫌な“ドS”キャラに息吹を与える。

瀬戸と北乃の初共演作となる今作は、ハーフで金髪、目つきが悪く人見知りの小鷹が、ある日の放課後に教室で“エア友達”と話をしている夜空と出会う。ともに友達のいないふたりは、互いの目的を果たすため、友達づくりを目的とした「隣人部」を作る。小鷹の戸惑いをよそに活動がスタートするが、意外にも入部希望者が続々と集まってくる。

瀬戸は、「この堂々としていて、せつないタイトルに運命的なものを感じました。なぜなら僕も、友達が少ないからです」と告白。そして、「ドキドキしながら台本を読んだら、ライトノベルの絶妙なファンタジー感に加え、登場人物たちのキャラの濃さ。今作にはいろいろな問題を抱えた“はがない達”が出てきますが、それぞれ友達が少ない理由が違います。僕は小鷹を演じるうえで、その理由を素直に演じるように心がけました」とコメントを寄せた。

脚本にリアリティを感じたという北乃は、「友達がほしいと思う反面、ひとりの自分が楽だと逃げがちになってしまうことも。それでも前向きに人と向き合うんだ、と学生の頃は気づけなかったことを、この作品では描いていると思います」と話す。及川監督は、「そこに存在するふたりの説得力、そして芝居の相性の良さを感じた。ふたりのやり取りが起こした化学反応は、ほかの役者陣、そして撮影現場に良い影響を与えたと思う」とふたりを絶賛している。

瀬戸、北乃のほか、大谷澪高月彩良神定まお久保田紗友山田萌々香栗原類渡辺大石原良純らが出演する。

僕は友達が少ない」は、2014年新春に全国で公開。

オトメン(乙男)DVD-BOX[DVD] オトメン(乙男)DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥24,624 菅野文の人気コミック「オトメン(乙男)」を、岡田将生・夏帆ら人気キャストを迎えてTVドラマ化。出演:瀬戸康史
クレオパトラな女たち DVD-BOX[DVD] クレオパトラな女たち DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥12,640 美を求める女性たちに振り回されながら、「美しい人生とは何か?」女性心理の真相に迫るヒューマンコメディ。出演:北乃きい

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi