【国内映画ランキング】「風立ちぬ」がV。興収100億円超えに向け、順調なスタート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月23日 > 【国内映画ランキング】「風立ちぬ」がV。興収100億円超えに向け、順調なスタート
メニュー

【国内映画ランキング】「風立ちぬ」がV。興収100億円超えに向け、順調なスタート

2013年7月23日 19:00

初登場首位となった「風立ちぬ」「風立ちぬ」

初登場首位となった「風立ちぬ」
(C)2013 二馬力・GNDHDDTK
[拡大画像]

[映画.com ニュース]7月20~21日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。参院選は自公が制し、映画興行は宮崎アニメが圧勝した。7月20日、全国454スクリーンで封切りとなった「風立ちぬ」は、オープニング2日間で動員74万7451人、興収9億6088万5850円を叩き出し、上々のスタートを切った。これは、08年の「崖の上のポニョ」(興収155億円)対比で93.7%、10年の「借りぐらしのアリエッティ」(興収92.5億円)対比で107.3%(いずれも興収で比較)という水準。

宮崎駿監督作品にしては大人向けなので、ファミリーの動員が難しいのでは」「題名に『の』という文字が入ってないのでヒットしない」など一部のネガティブな意見をものともせず、興収100億円以上を十分に狙える見事な飛び出しを見せている。

2位から6位までの各作は、前週から順位を1つずつ下げている。2位の「モンスターズ・ユニバーシティ」、3位の「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速(しんそく)のゲノセクト ミュウツー覚醒」まで、上位3傑がアニメで占められているのは、今年の4月と同様の現象。その際は「DRAGON BALL Z」「シュガー・ラッシュ」「ドラえもん」で、いずれもディズニー作品が1本混じっているのが共通点。

基本的に、大型連休は邦画・洋画ともにアニメが強く、今週もトップ10作品中半分がアニメ。もう1本、大友克洋らによるオムニバス・アニメ「SHORT PEACE」が25スクリーンでの小規模公開ながら、12位で大健闘とのこと。

今週末は、「終戦のエンペラー」「ペーパーボーイ 真夏の引力」などが公開。今月いっぱいは、上位陣にそれほど大きな変動は見られないだろう。

となりのトトロ[DVD] となりのトトロ[DVD] 最安価格: - 昭和30年代の田舎を舞台に、オバケの“トトロ”と幼い姉妹とのふれあいを描いた、宮崎駿監督が贈る大ヒット・ファンタジーアニメ。
紅の豚[Blu-ray/ブルーレイ] 紅の豚[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,434 1920年代のアドリア海を舞台に、大空をこよなく愛する豚の姿をした一人の賞金稼ぎの活躍を描いた宮崎駿原作、脚本、監督で贈る一大航空活劇。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi