大杉漣はダンカン似? 大阪で間違われたままサイン書いた! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月23日 > 大杉漣はダンカン似? 大阪で間違われたままサイン書いた!
メニュー

大杉漣はダンカン似? 大阪で間違われたままサイン書いた!

2013年7月23日 17:00

大阪でダンカンに間違われたと話す大杉漣

大阪でダンカンに間違われたと話す大杉漣
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優の大杉漣が7月23日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われたBSプレミアム短編ドラマシリーズ「あなたに似た誰か」の完成報告会見に出席した。タイトルにちなみ「どうやら私、ダンカンさんに似ているらしく、大阪で阪神ファンの方に間違われ、勢いで『阪神大好き』とメッセージ付きでサインを書いた。きっと大切にされていると思うと申し訳ない」と驚きのエピソードで盛り上げた。

写真家として活躍する藤原新也氏の短編小説集「コスモスの影にはいつも誰かが隠れている」から3編を映像化。町の片隅で懸命に暮らす人々のミステリーに満ちた人生の一コマを描く。大杉主演の第1話「カハタレバナ」を皮切りに、山本耕史中越典子が共演する第2話「記憶の海」、宅間孝行奥貫薫が離婚した夫婦を演じる最終話「車窓の向こうの人生」が3週連続で放送される。

大杉がNHKのドラマに主演するのは初めてで「これといった感慨はないですが(笑)、うれしいですね」。離婚後、事業を立ち上げるも肝硬変の疑いありと診断され、離ればなれになった元妻と一人娘に向き合う中年男性を演じている。

会見には大杉をはじめ、原作者の藤原氏と奥貫が出席した。藤原氏は「市井の人々の物語が、俳優さんの言葉と表情で、生命力あふれるドラマとして立ち上がるさまに感銘を受けた」と感激しきり。奥貫は昨年NHKで放送された「永遠の泉」に続き、藤原氏の原作ドラマに出演し「どちらも独特の浮遊感があり、まるで漂うように過ごした」と述懐。女優の泉ピン子が義母を演じており「宅間さんと泉さんが、本当の親子のように仲良く、疎外感がありましたね。宅間さんだけ、ご自宅に招かれているらしく、いいなあと思っています」とうらやましがっていた。

BSプレミアム短編ドラマシリーズ「あなたに似た誰か」は8月13日午後11時15分から放送(毎週火曜・全3話)。

ツレがうつになりまして。 プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ツレがうつになりまして。 プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,886 夫がうつ病になったことをきっかけに、これまでの自分たちを見つめ直し、成長していく夫婦の姿を描いた、細川貂々のベストセラーコミックエッセイが待望の映画化!出演:大杉漣
おにいちゃんのハナビ[Blu-ray/ブルーレイ] おにいちゃんのハナビ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,010 新潟県小千谷市片貝町の花火大会とその町に暮らす兄妹の実話をもとに、余命僅かながら健気に日々を送る妹から生きる勇気をもらい再生していく兄と両親の絆を描く、真実から生まれた感動のドラマ。出演:大杉漣

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi