大友克洋監督、長編企画ある!「もうちょっとしたら言える」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月20日 > 大友克洋監督、長編企画ある!「もうちょっとしたら言える」
メニュー

大友克洋監督、長編企画ある!「もうちょっとしたら言える」

2013年7月20日 15:10

長編企画の存在を示唆した大友克洋監督ら「SHORT PEACE」

長編企画の存在を示唆した大友克洋監督ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大友克洋監督が7月20日、東京・有楽町の丸の内ピカデリー3で行われた「SHORT PEACE」の初日舞台挨拶に登壇した。大友監督にとって、約9年ぶりとなる劇場用新作「火要鎮(ひのようじん)」をはじめ、短編アニメ4本で構成されるオムニバスで「短編の魅力は、自分のインスピレーションだけで作り上げることができる点」。ファン待望の長編に関しても「もうちょっとしたら言える」と企画の存在を明言した。実現すればアニメでは「スチーム・ボーイ」(2004)、実写では「蟲師」(07)以来の長編となる。

大友監督が手がけた「火要鎮」は江戸時代の大火を背景に、商家の娘と火消しの男の悲恋を絵巻風に描いた短編で「以前から作りたいと思っていた“江戸もの”ができてうれしい」と満足げ。舞台挨拶には、本作に作品を提供した森田修平氏(「九十九」)、安藤裕章氏(「GAMBO」)、カトキハジメ氏(「武器よさらば」)が勢ぞろい。全国28スクリーンで封切られた本作の船出に、感無量の面持ちだった。

また、プロデュースを務める浅沼誠氏は「日本を代表するクリエーターの皆さんに集まっていただき、変わったものが出来たんじゃないかと思う。『不思議だけど、面白いな』って満足してもらえる作品。ヒットすればシリーズ化もしたい」と期待を寄せた。同日、スタジオジブリの最新作「風立ちぬ」(宮崎駿監督)も初日を迎えるなか、「アニメにはいろんな形があっていいと思う。オープニングを含めて5つの個性が集まった」と短編オムニバスとしての魅力をアピールしていた。

丸の内ピカデリー3では同日から1週間限定で、「武器よさらば」に登場し、カトキ氏がモデル作製した無人兵器“ゴンク”が展示中。「まだ試作品で壊れやすいので、1週間限定で飾っていただいた」(カトキ氏)、「あっ、そうなの? 展示が終わったらもらおうと思っていたんだけど」(大友監督)と会話を弾ませた。

AKIRA[Blu-ray/ブルーレイ] AKIRA[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,036 世界で絶賛された大友克洋監督の傑作『AKIRA』を、HDニューテレシネ&192kHz 24bitオーディオでBlu-ray化!
蟲師-廉価版-[DVD] 蟲師-廉価版-[DVD] 最安価格: ¥2,165 ベストセラーを記録した漆原友紀の同名漫画を、「AKIRA」の大友克洋監督が映像化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi