西田敏行、トミー・リー・ジョーンズを絶賛「まるで哲学者」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月18日 > 西田敏行、トミー・リー・ジョーンズを絶賛「まるで哲学者」
メニュー

西田敏行、トミー・リー・ジョーンズを絶賛「まるで哲学者」

2013年7月18日 20:18

「終戦のエンペラー」で共演した 西田敏行とトミー・リー・ジョーンズ「終戦のエンペラー」

「終戦のエンペラー」で共演した
西田敏行とトミー・リー・ジョーンズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優の西田敏行が7月18日、都内で行われた米映画「終戦のエンペラー」のジャパンプレミアに出席した。太平洋戦争直後の日本とアメリカの史実をもとに描いた歴史サスペンス映画で、プレミアには来日中のマシュー・フォックストミー・リー・ジョーンズも来場。西田は「焼野原で戦争とは何だろうと考えるトミーさんの表情は、まるで哲学者のようで本当に素晴らしかった」とダグラス・マッカーサー元帥を演じたジョーンズを絶賛していた。

GHQを率いるマッカーサー元帥(ジョーンズ)の軍事秘書官として、太平洋戦争直後の日本に駐在したフェラーズ准将(フォックス)が、真の戦争責任者を極秘調査するなか、日米の垣根を超えて戦後復興を目指す人々の知られざるドラマが描かれる。西田はフェラーズに日本文化を説く駐在武官・鹿島大将を演じている。

西田から絶賛されたジョーンズは、「新しい視点から日米の歴史を描いた作品。両国の友情と絆がいかに育まれたかを知っていただく機会になれば」と語り、西田の肩にそっと手を差し伸べた。映画の主人公を演じるフォックスも「言語の壁を超えて、日本の俳優の皆さんと共演できたのはとても光栄なこと。素晴らしい思い出になった」と感無量の面持ちだった。

プレミアにはフォックスとジョーンズ、西田に加え、初音映莉子桃井かおり羽田昌義中村雅俊伊武雅刀、メガホンをとるピーター・ウェーバー監督、プロデューサーの奈良橋陽子氏らが出席。本作で故夏八木勲さんが演じた官僚・関谷貞三郎は、奈良橋氏の祖父にあたるといい、「夏八木さん、ぜひ見てくださいね」と天を仰いだ。また、ウェーバー監督は「戦後の日本が復興したのは、日本人に勇気があったからこそだと感じてもらえれば」とアピールしていた。

終戦のエンペラー」は7月27日全国公開。

遺体 明日への十日間[DVD] 遺体 明日への十日間[DVD] 最安価格: ¥2,426 2011年3月11日。日本を襲った未曾有の大震災の中で、報道では伝えきれなかった真実を描く映画。岩手県・釜石市にある廃校となった中学校の体育館を舞台に、遺体の尊厳を守りながらも一刻も早く家族と再会させるために尽くした人々と家族を描く。出演:西田敏行
リンカーン[Blu-ray/ブルーレイ] リンカーン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,456 2013年アカデミー賞(R)主演男優賞ほか2部門受賞!スピルバーグ監督が限界に挑んだ感動エンターテイメント巨編!!出演:トミー・リー・ジョーンズ

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi