「ジャンゴ 繋がれざる者」メイキング映像が公開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月18日 > 「ジャンゴ 繋がれざる者」メイキング映像が公開!
メニュー

「ジャンゴ 繋がれざる者」メイキング映像が公開!

2013年7月18日 17:00

実際の馬を使ったリアルなアクションシーン(上)と 特典満載の「プレミアム・エディション」(下)「ジャンゴ 繋がれざる者」

実際の馬を使ったリアルなアクションシーン(上)と
特典満載の「プレミアム・エディション」(下)
(C)2012 Visiona Romantica, Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 8月7日にブルーレイ&DVDがリリースされるクエンティン・タランティーノ監督最新作「ジャンゴ 繋がれざる者」(本年度アカデミー賞2部門受賞)のブルーレイ限定で収録されている、馬のスタントに焦点を当てた特典映像の一部が公開された。

南北戦争直前のアメリカ南部を舞台にしたウェスタンだけに、同作の激しいアクションシーンには馬が多数登場。メイキング映像では、馬が見せる名アクションシーンのひとつ、ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)とドクター・シュルツ(クリストフ・ワルツ)が乗っていた馬車が爆発炎上し、周りを取り囲んだ秘密結社KKK(クー・クラックス・クラン)風の白人たちが乗った馬が倒れ込むシーンの裏側が紹介される。

タランティーノ監督のほか、スタント・コーディネーター、プロデューサー、動物の世話係の証言によって明かされるのは、14頭もの馬によるスタントにも関わらず、1頭の馬も負傷させることなく撮影が成功を収めたということ。タランティーノはリアリティを追求するためにCGを一切使わないことで知られるが、実際の馬を使った一大スタントを実現させるため、「数カ月をかけた丁寧な調教」を行って動物愛護団体の理解を取り付け、観客を安心させるためにも、「馬はケガをしていない」との断り書きをエンドロールの早い段階で記載したことを明かしている。「馬を負傷させることなく、スタントシーンの撮影に成功したのはこの作品くらい」とスタッフが自画自賛するのもうなずける。

ジャンゴ 繋がれざる者」は、黒人奴隷のジャンゴがドイツ人の賞金稼ぎシュルツと出会ったことで解放され、囚われの身となっている妻の奪還に挑む姿を描く。レオナルド・ディカプリオが初の悪役に扮しているのも大きな話題だ。ブルーレイ&DVDは8月7日リリース。レンタルはTSUTAYA限定で同日スタート。

【初回生産限定仕様】ジャンゴ 繋がれざる者 ブルーレイ プレミア...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回生産限定仕様】ジャンゴ 繋がれざる者 ブルーレイ プレミア...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,600 クエンティン・タランティーノ監督が、前作からおよそ3年ぶりに放つ骨太のアクション大作。
グラインド・ハウス U.S.A.バージョン プラス[Blu-ray/ブルーレイ] グラインド・ハウス U.S.A.バージョン プラス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,635 「プラネット・テラー」「デス・プルーフ」「フェイク予告編」による上映形態のパッケージ「グラインドハウス U.S.A.バージョン」を初ブルーレイ化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi