青山真治監督「共喰い」引っさげ4度目のロカルノ国際映画祭へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月16日 > 青山真治監督「共喰い」引っさげ4度目のロカルノ国際映画祭へ
メニュー

青山真治監督「共喰い」引っさげ4度目のロカルノ国際映画祭へ

2013年7月16日 17:30

「共喰い」の一場面「共喰い」

「共喰い」の一場面
(C)田中慎弥/集英社・2012「共喰い」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]青山真治監督、若手俳優・菅田将暉のタッグで、田中慎弥氏の第146回芥川賞受賞作を映画化した「共喰い」が、8月7~17日にスイス南部で開催される第66回ロカルノ国際映画祭コンペティション部門に、正式出品されることが決定した。青山監督と、海外映画祭初参加となる菅田が出席する予定だ。

同映画祭はスタンリー・キューブリックジム・ジャームッシュガス・バン・サントら名監督を紹介してきたことで知られる。青山監督はこれまでに、「路地へ 中上健次の残したフィルム」(2001)、「赤ずきん」(08)、「東京公園」(11)の3作品を出品しており、コンペティション部門での上映は、審査員特別賞を受賞した「東京公園」に続き2度目となる。

菅田は、海外進出が決定し「日本だけじゃなく、世界のたくさんの方のもとへ羽ばたいたことに興奮しています。感謝しています。嬉しすぎます。19歳という大人でもなく子どもでもない、未熟でどっちが前でどっちが後ろかもわからない時期に、この映画に関われたのも縁だと感じています」と感激しきり。原作者の田中氏も「自分の手元で生まれた『共喰い』という作品が、青山真治監督をはじめとする皆さんの力でより多くの人に知られ、さらに海外の観客の目に触れるのはありがたいこと」とコメントを寄せた。

本作は、昭和最後の夏の山口・下関を舞台に、高校生の少年と暴力的な性癖を持った父、その愛人らが繰り広げるひと夏の出来事を通して、忌わしい血の宿命を描く。釜山国際映画祭(10月3~12日開催)での上映も決定している。

共喰い」は、9月7日から全国で公開。

路地へ中上健次の残したフィルム[DVD] 路地へ中上健次の残したフィルム[DVD] 最安価格: - 作家・中上健次の「岬」「枯木灘」などの代表作の風景を捉え、中上健次の魂のふるさとを目指す旅。監督:青山真治
EUREKA ユリイカ[DVD] EUREKA ユリイカ[DVD] 最安価格: ¥4,104 九州のバスジャック事件で、奇跡的に生き残った運転手と二人の兄妹の心の再生を美しいモノクロ映像で描いた、青山真治監督が贈る感動の人間ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi