あの映画原作も! 米読書SNS調べ「途中で読むのをやめてしまった本トップ5」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月15日 > あの映画原作も! 米読書SNS調べ「途中で読むのをやめてしまった本トップ5」
メニュー

あの映画原作も! 米読書SNS調べ「途中で読むのをやめてしまった本トップ5」

2013年7月15日 12:00

初の大人向け小説「カジュアル・ベイカンシー 突然の空席」 の評判が芳しくないJ・K・ローリング「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」

初の大人向け小説「カジュアル・ベイカンシー 突然の空席」
の評判が芳しくないJ・K・ローリング
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米読書SNS大手Goodreadsが、1300万人を超える会員を対象に行った「途中で読むのをやめてしまった本」に関する調査結果を公開している。

最も多くの読者が「途中で読むのをやめてしまった本」に選ばれたのは、「ハリー・ポッター」シリーズの原作者であるJ・K・ローリング初の大人向け小説「カジュアル・ベイカンシー 突然の空席」。これは、やはり読者の期待値が高すぎたことが原因のようだ。

2位には、映画化が予定されているベストセラー官能小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」がランクイン。その他、5位まですべて映画やミュージカルの原作本であることも興味深い。

読むのをやめてしまった理由は、「展開が遅くてつまらない」というのが46.4%で断トツのトップ。以下、「文章が下手」「設定がバカバカしい」などが続く。

また、読むのをやめるタイミングとしては、50ページ以下が15.8%、50~100ページが27.9%、100ページ以上が10.6%だった。一方で、どれほどつまらなくても読み始めた本は必ず読み終えると答えた人が38.1%と、最も多かった。

米Goodreads読者が途中で読むのをやめてしまった本トップ5

1.J・K・ローリング「カジュアル・ベイカンシー 突然の空席」
2.E・L・ジェームズフィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
3.エリザベス・ギルバート食べて、祈って、恋をして
4.スティーグ・ラーソン「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」
5.グレゴリー・マグワイア「ウィキッド 誰も知らない、もう一つのオズの物語」

同古典バージョンのトップ5

1.ジョセフ・ヘラーキャッチ22
2.J・R・R・トールキン指輪物語
3.ジェイムズ・ジョイス「ユリシーズ」
4.ハーマン・メルビル白鯨
5.アイン・ランド「肩をすくめるアトラス」

ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,561 2005年にスウェーデンで刊行され、瞬く間に世界的ベストセラーとなった人気謎解きミステリーを、『セブン』のデヴィッド・フィンチャー監督によって映像化!
食べて、祈って、恋をして スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 食べて、祈って、恋をして スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 世界中の女性から絶大な支持を受けるエリザベス・ギルバートの自伝的ベストセラー小説を、ジュリア・ロバーツを主演に迎えて映画化した人間ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi