日本最大のこども映画祭「キンダー・フィルム・フェスティバル」で注目のアニメ作品が初上映! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月14日 > 日本最大のこども映画祭「キンダー・フィルム・フェスティバル」で注目のアニメ作品が初上映!
メニュー

日本最大のこども映画祭「キンダー・フィルム・フェスティバル」で注目のアニメ作品が初上映!

2013年7月14日 15:45

「ピーターラビット ラディッどろぼうのおはなし」 「こまねこのおるすばん」の場面写真「少年H」

「ピーターラビット ラディッどろぼうのおはなし」
「こまねこのおるすばん」の場面写真
(C)2013 Frederick Warne & Co Limited
and Silvergate PPL Limited.
All rights reserved.
(C)TYO/dwarf・こまねこフィルムパートナーズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年で21回目のとなる日本最大のこども映画祭「21stキンダー・フィルム・フェスティバル」で、「ピーターラビット」の新作アニメーションと、人気シリーズ「こまねこ」の最新作「こまねこのおるすばん」が上映されることがわかった。

世界三大映画祭の一つ、ベルリン国際映画祭児童映画部門の協力を得て1992年にスタート。子どもたちが審査員となってグランプリを決める。プログラムは、3歳から、5歳から、7歳から、9歳以上と、それぞれの年代の子どもたちが楽しめるように組まれており、世界各国の子ども映画祭で上映された良質な作品を上映する。今年のオープニング作品は「少年H」(降旗康男監督)。

「ピーターラビット ラディッどろぼうのおはなし」は、120年前に描かれた絵手紙から誕生した絵本「ピーターラビットのおはなし」をもとに、最新技術を駆使したCGアニメーション。ウサギたちや自然がリアルに表現されており、まさに21世紀版「ピーターラビット」と言える仕上がりだ。

「こまねこのおるすばん」の合田経郎監督からは、「本作品はタイトルどおり、こまちゃんが1人で留守番をするお話。舞台は夏。青空のように元気に笑ったと思ったら、突然の雷雨のように泣きだして、夕陽のように宝物を見つけたような気持ちになったり……。そんな、コロコロと変わっていくこまちゃんの表情とともに、こま撮りアニメーションを楽しんでもらえたらうれしいです」というコメントが寄せられた。

このほか、短編作品などを多数上映。また、世界のオリジナル言語を流したまま、日本語吹き替えを行う“ライブシネマ”では、戸田恵子中山秀征内田恭子ルー大柴青木さやからが吹き替えを実演する。

「21stキンダー・フィルム・フェスティバル」は8月7日調布市グリーンホールで開催。11日まで。

こま撮りえいが こまねこ デラックス版[DVD] こま撮りえいが こまねこ デラックス版[DVD] 最安価格: ¥3,175 人形をひとコマ(1コマ=1/24秒)ずつ動かし、照明・セット・カメラポジションを変えながら撮影するアニメーションの手法「こま撮り」で制作された長編アニメ-ション。
ピーターラビットと仲間たち[DVD] ピーターラビットと仲間たち[DVD] 最安価格: ¥1,238 英国ロイヤル・バレエ団の団員が精巧なマスクをつけて踊り物語が展開する、ビアトリクス・ポターの「ピーターラビットの絵本シリーズ」を実写映画化した作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi