ソフィア・ローレン、息子の監督作に主演 原作はジャン・コクトー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月14日 > ソフィア・ローレン、息子の監督作に主演 原作はジャン・コクトー
メニュー

ソフィア・ローレン、息子の監督作に主演 原作はジャン・コクトー

2013年7月14日 13:00

ソフィア・ローレンと息子のエドアルド・ポンティ「NINE」

ソフィア・ローレンと息子のエドアルド・ポンティ
Photo by Jeffrey Mayer/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イタリアの大女優ソフィア・ローレンが、息子のエドアルド・ポンティがメガホンをとる長編映画「La voce umana (英題:The Human Voice)」で、約10年ぶりに映画の主役を務めると米ハリウッド・レポーター誌が報じた。

原作は、1930年に初演されたジャン・コクトーの戯曲「人間の声(La voix humaine)」。オリジナルはフランス語の一人芝居だが、映画版は舞台をイタリアのローマやナポリに置き換え、ナポリの方言が使用されるという。戯曲は、恋人に別れを告げられたばかりの女が、その元恋人を相手に電話で話しているだけという設定で、どのように脚色されるのかは不明。今月中のクランクインを予定している。

ローレンは、2009年のミュージカル映画「NINE」にも出演しているが、主演するのは04年のリナ・ウェルトミューラー監督作「Peperoni ripieni e pesci in faccia」以来となる。なお、息子のポンティとは、監督デビュー作である02年の「微笑みに出逢う街角」でもタッグを組んでいる。

ひまわり[DVD] ひまわり[DVD] 最安価格: ¥2,426 戦争によって引き裂かれてしまった男女の悲しい出会いと別れを描いた感動のドラマ。出演:ソフィア・ローレン
微笑みに出逢う街角 デラックス版[DVD] 微笑みに出逢う街角 デラックス版[DVD] 最安価格: ¥2,052 カナダのトロントを舞台に、“本当の自分の居場所”を求めて生きる3人の女性の姿を描いたドラマ。出演:ソフィア・ローレン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi