原田知世、角田光代原作のNHKドラマ「紙の月」に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月12日 > 原田知世、角田光代原作のNHKドラマ「紙の月」に主演
メニュー

原田知世、角田光代原作のNHKドラマ「紙の月」に主演

2013年7月12日 08:00

1億円の横領事件を起こしてしまう主婦を演じる原田知世「紙の月」

1億円の横領事件を起こしてしまう主婦を演じる原田知世
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の原田知世が、2014年1月放送のNHKドラマ10「紙の月」に主演することが分かった。直木賞作家・角田光代氏が第25回柴田錬三郎賞を受賞した同名小説のドラマ化で、原田が同局のドラマに出演するのは2011年度連続テレビ小説「おひさま」以来となる。

原田が演じる主人公・梅澤梨花は、ささやかな幸せを追い求める主婦。妻を養っているという自負の強い夫との間には溝があり、ある出会いをきっかけにパート先の銀行から1億円を着服し、海外に逃亡してしまうという役どころだ。

夫・正文との間に子どもはなく、ふたりで暮らしている梨花は、銀行のパート職員として働き始める。渉外係として顧客の家を訪問し、家事なども手伝ううちに、一人暮らしの高齢者たちから信頼されるように。ある日、上得意の平林孝三の家で、孝三に借金を頼みにきた孫の光太と出会ったことから、梨花は大きく変わっていく。2年後、高校時代の友人の岡崎木綿子と中条亜紀は、梨花が起こした横領事件をたどるうち、それぞれが抱える心の闇と向き合うことになる。

梨花の友人で、異常なまで倹約にこだわる岡崎を水野真紀、買い物依存症が原因で離婚し、親権を失った中条を西田尚美が演じるほか、梨花に気に入られようと大金を預ける平林孝三役にミッキー・カーチス、学生ながら多額の借金を抱える光太役に満島真之介がキャスティングされた。冨士眞奈美が顧客の名護たま江役、光石研が夫の正文役で出演する。

同局のドラマ「胡桃の部屋」や「眠れる森の熟女」の脚本家・篠崎絵里子が脚本を執筆し、黛りんたろうと一色隆司が演出を手がける。音楽は住友紀人が担当。6月末から東京都内や近郊、タイで撮影が行われており、8月下旬にクランクアップを予定している。

紙の月」は、2014年1月7日から連続5回の放送予定。

しあわせのパン[Blu-ray/ブルーレイ] しあわせのパン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,792 東京から北海道へ移り住み、湖が見渡せる丘の上でパンカフェ「マーニ」を始めた夫婦と、そのお店を訪れる様々な人々の人生模様を描いたドラマ。出演:原田知世
八日目の蝉 DVD-BOX[DVD] 八日目の蝉 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥9,523 読売新聞に掲載された角田光代原作「八日目の蝉」をドラマ化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi