「ムード・インディゴ うたかたの日々」予告編公開 ゴンドリーのタイトルへの思いが明らかに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月12日 > 「ムード・インディゴ うたかたの日々」予告編公開 ゴンドリーのタイトルへの思いが明らかに
メニュー

「ムード・インディゴ うたかたの日々」予告編公開 ゴンドリーのタイトルへの思いが明らかに

2013年7月12日 17:40

「ムード・インディゴ うたかたの日々」ポスター「クロエ」

「ムード・インディゴ うたかたの日々」ポスター
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1950年代に小説家やミュージシャンとして活躍したボリス・ビアンの代表作を、ミシェル・ゴンドリー監督が映画化した「ムード・インディゴ うたかたの日々」の予告編とポスタービジュアルが公開、ゴンドリー監督がタイトルに込めた思いが明らかになった。

裕福で働かずにパリで自由に生きていたコランが、無垢な魂を持つクロエと恋に落ち結婚するが、ある日クロエが肺の中に睡蓮が芽吹くという奇妙な病におかされてしまう……という物語。ビアンは「人生で大切なのは二つだけ。きれいな女の子との恋愛と、ニューオーリンズかデューク・エリントンの音楽。そのほかは消えていい、醜いのだから」と原作序文で宣言。“永遠の青春小説”として若者に熱狂的な支持を受け、フランスでは400万部を超える大ミリオンセラーとして現在も読み継がれている。

ゴンドリーが英題として名づけた本作のタイトル「ムード・インディゴ」は、ビアンが愛してやまなかった、ジャズ界の巨匠デューク・エリントンのナンバー「ムード・インディゴ」からとったもので、「恋人がいなくなってから、心はいつも、藍色(インディゴ)に染まっている」という歌詞がつけられている。ゴンドリーは悲恋を描いた原作とリンクしたこの楽曲名を、映画のタイトルに採用した。

劇中では、エリントンの楽曲「クロエ」や「A列車で行こう」なども使われており、ゴンドリーの原作に対する深い愛情と敬意が込められている。春に公開されたフランス本国でも「この不朽の名作の映画化を成功させ、創造性に富んだ想像力の持ち主は、ミシェル・ゴンドリーしかいない! 切なさを秘めた、宝石のような映画に仕上がっている」と絶賛されている。物語の中心となるカップル、コランとクロエをロマン・デュリスオドレイ・トトゥが演じる。

ムード・インディゴ うたかたの日々」は10月5日から新宿バルト9、シネマライズほか全国で公開。

恋愛睡眠のすすめ[DVD] 恋愛睡眠のすすめ[DVD] 最安価格: ¥1,944 夢と現実の狭間で揺れ動く切ない片思いをミシェル・ゴンドリー監督が描く、キュート&ロマンティックなラブストーリー。
ルパン[DVD] ルパン[DVD] 最安価格: ¥1,080 モーリス・ルブラン原作のルパン・シリーズ生誕100周年を記念して『カリオストロ伯爵夫人』をベースに、若き怪盗紳士アルセーヌ・ルパンの活躍を大胆かつ華麗に描いたアドベンチャー・ロマン大作。出演:ロマン・デュリス

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi