安藤裕子「四十九日のレシピ」主題歌で「アロハ・オエ」に挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月10日 > 安藤裕子「四十九日のレシピ」主題歌で「アロハ・オエ」に挑戦
メニュー

安藤裕子「四十九日のレシピ」主題歌で「アロハ・オエ」に挑戦

2013年7月10日 22:30

「四十九日のレシピ」ポスター「四十九日のレシピ」

「四十九日のレシピ」ポスター
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シンガーソングライターの安藤裕子が、永作博美と「百万円と苦虫女」のタナダユキ監督がタッグを組んだ「四十九日のレシピ」の主題歌「アロハ・オエ」を担当したことがわかった。安藤自ら日本語の歌詞を書き下ろし、ハワイを代表する鎮魂歌に挑んだ。

安藤が映画主題歌を担当するのは、「自虐の詩」(2007)以来約6年ぶり。オファーを受けた当初、戸惑いもあったようだが「毎日毎日、多くの人が大切な人を失い泣いている。そしてゆっくり前に進んで行く。私だってそう。だから歌えたんだと思います。またいつかどっかで会えるんだろう」と歌いあげた。06年にオンエアされた月桂冠のテレビCMに続き、永作と2度目のタッグとなった安藤の主題歌がどのような色を添えるのか期待が高まる。

メガホンをとったタナダ監督は、「誰の声で“去り行く人に送る歌”を聞きたいか。思い浮かんだのは、安藤裕子さんの透明感溢れる優しく甘く切ない歌声」と起用理由を説明し、「儚げなのに力強い奇跡のような歌声。それは映画という枠すら超えて、より多くの人に届いてほしいと願わずにはいられない、“安藤裕子にしか歌えない” アロハ・オエだった」と思いを託している。

原作は、NHKでテレビドラマ化もされた伊吹有喜氏の同名小説。母の急死で生きる気力を失った父娘の前に、謎の少女イモが現れ、生前の母が残したというレシピの存在を伝える。あわせて公開されたポスターでは、小道にたたずむ永作と石橋蓮司をメインに、原田泰造二階堂ふみ岡田将生淡路恵子という主要キャストの劇中での姿がお披露目となった。

四十九日のレシピ」は、11月9日から全国で公開。

百万円と苦虫女[DVD] 百万円と苦虫女[DVD] 最安価格: ¥3,926 百万円を貯める度に引越しをし、その行く先々の街で様々な人々と出会い、笑ったり、怒ったり、また恋をしながら自身の生き方を模索する一人の女性を描く。
自虐の詩 プレミアム・エディション[DVD] 自虐の詩 プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,544 中谷美紀&阿部寛主演!業田良家原作コミックを『TRICK』の堤幸彦監督が映像化した極上のエンターテインメント!無職で甲斐性無しのダメ男・葉山イサオと、彼に献身的に尽くす女・森田幸江の物語を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi