バンドネオン奏者・小松亮太「25年目の弦楽四重奏」のリアリティに感服 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月8日 > バンドネオン奏者・小松亮太「25年目の弦楽四重奏」のリアリティに感服
メニュー

バンドネオン奏者・小松亮太「25年目の弦楽四重奏」のリアリティに感服

2013年7月8日 18:00

トークとあわせて演奏も披露した小松亮太「25年目の弦楽四重奏」

トークとあわせて演奏も披露した小松亮太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ベートーベンの隠れた名曲をモチーフにしたヒューマンドラマ「25年目の弦楽四重奏」の公開記念トークショーが7月7日、東京・角川シネマ有楽町で行われ、日本を代表するバンドネオン奏者の小松亮太が本作の魅力を熱く語った。

フィリップ・シーモア・ホフマンキャサリン・キーナークリストファー・ウォーケンらオスカー俳優が豪華共演するアンサンブルドラマ。結成25周年を迎えた弦楽四重奏団の4人が、パーキンソン病を患ったメンバーの引退をきっかけに、嫉妬やライバル意識、それぞれの家庭の問題などを爆発させていく。デビッド・リンチ作品でおなじみのアンジェロ・バダラメンティが音楽を担当した。

「THE 世界遺産」のオープニングテーマをはじめ、映画「グスコーブドリの伝記」や「体脂肪計タニタの社員食堂」などの音楽を手がけてきた小松は、挨拶代わりにと「風の詩~THE 世界遺産」の一節を披露。本作のリアリティの高さに感銘を受けたそうで、「音楽家の僕から見るとえぐかった(笑)。『弦楽四重奏やっているとこういうことあるよね』っていう話を集めたノンフィクションじゃないかというくらい。“ケンカしたかったら弦楽四重奏をやれ”という音楽ジョークがあるくらい、まさにそれを反映した映画」と舌を巻いていた。

劇中の4人も激しい衝突を繰り返すが、「四重奏はオーケストラと違って人間関係も濃密にならざるを得ない。4人で息を合わせてピアノ1人のようなもの。フィーリングが合わないと煮詰まっていき、最終的に“坊主憎けりゃ袈裟まで憎い”となる。クラシック音楽の世界に深く関わるもんじゃないなと思った」と冗談まじりに四重奏の難しさを語った。

休みなく演奏し続ける“アタッカ”7楽章から構成されるベートーベン異色の名曲、「弦楽四重奏曲第14番嬰(えい)ハ短調(作品131)」にインスパイアされた本作。小松氏は、「ベートーベンってマッチョでゴツイ音楽のイメージがあるけど、これは彼の頭の中の宇宙をそのまま音楽にしたような感じ。人間は死ぬ間際になるとこういうミニマル音楽を作るんだなと思った」と分析していた。

25年目の弦楽四重奏」は公開中。

マネーボール[DVD] マネーボール[DVD] 最安価格: ¥2,458 ブラッド・ピット主演、アカデミー賞受賞キャスト&スタッフ陣で贈る、同じ時代を生きる男の真実の物語。出演:フィリップ・シーモア・ホフマン
ゴッド・アーミー/悪の天使 日本公開版&全米公開版[DVD] ゴッド・アーミー/悪の天使 日本公開版&全米公開版[DVD] 最安価格: - クリストファー・ウォーケンとヴィゴ・モーテンセンの共演作!天使と人間の戦いを描き、カルト的人気を誇るグレゴリー・ワイデン監督のオカルト・ホラー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi