トミー・リー・ジョーンズがマッカーサー役で来日、新歌舞伎座を訪問 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月4日 > トミー・リー・ジョーンズがマッカーサー役で来日、新歌舞伎座を訪問
メニュー

トミー・リー・ジョーンズがマッカーサー役で来日、新歌舞伎座を訪問

2013年7月4日 06:00

マッカーサー元帥を演じるトミー・リー・ジョーンズ「終戦のエンペラー」

マッカーサー元帥を演じるトミー・リー・ジョーンズ
(C)Fellers Film LLC 2012 ALLRIGHTS RESERVED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 太平洋戦争直後の日本とアメリカの史実をもとに描いた歴史サスペンス映画「終戦のエンペラー」のプロモーションで、ダグラス・マッカーサー元帥を演じるトミー・リー・ジョーンズが、主演のマシュー・フォックスピーター・ウェーバー監督とともに来日することがわかった。

日本通で知られ、10年来の歌舞伎ファンであるジョーンズは、撮影時のインタビューで「日本文化や日本の人々は本当に美しい。日本へ行く準備はいつでも出来ているよ、第2の故郷だからね」と話しており、今作で昭和天皇役に扮する片岡孝太郎と共演したことは「この映画のハイライトだった」と語るほど。今回の来日で4月に新開場した歌舞伎座を訪問する。

ジョーンズと歌舞伎との出合いは学生時代までさかのぼるそうで、「大学で『世界のシアター』のクラスで歌舞伎や、19世紀の歌舞伎役者を描いた素敵なカラーの木版画の勉強をしてから、さらに日本に注目するようになったんだ。それは、さらなる木版画の勉強へとつながっていった。今はヨシトシ(月岡芳年)の『月百姿』を集めることをしていて、完全なセットを集めようとしているんだ」と日本の、特に歌舞伎のファンになったきっかけを明かした。

劇中でジョーンズは、軍服に身を包み、コーンパイプを悠然とふかしたマッカーサー元帥になりきっており、今回の来日では、マッカーサーと昭和天皇が初対面する重要なシーンとして描かれているアメリカ大使館でルース在日米国大使と会談を行うほか、記者会見を予定している。

「今回この役を受けた理由は、脚本や題材が気に入ったからなんだ。日本とアメリカの関係について描いた作品だったからね。そして何よりマッカーサー元帥に興味があったからだ。半世紀以上にもわたって人々を魅了してきた人物だ、歴史上で偉大な功績を残した人物に興味を抱かないはずがないよ」と役柄への思いを語った。

終戦のエンペラー」は7月27日全国公開。

リンカーン[Blu-ray/ブルーレイ] リンカーン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,456 2013年アカデミー賞(R)主演男優賞ほか2部門受賞!スピルバーグ監督が限界に挑んだ感動エンターテイメント巨編!!出演:トミー・リー・ジョーンズ
メン・イン・ブラック トリロジー ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] メン・イン・ブラック トリロジー ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥7,623 MIBの魅力のすべてが凝縮されたお買い得セット!出演:トミー・リー・ジョーンズ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi