哀川翔、怖いものは有吉のモノマネ「本人に言ってもしらばっくれている」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月4日 > 哀川翔、怖いものは有吉のモノマネ「本人に言ってもしらばっくれている」
メニュー

哀川翔、怖いものは有吉のモノマネ「本人に言ってもしらばっくれている」

2013年7月4日 22:40

ホラー映画のイベントに登場した哀川翔「ダークスカイズ」

ホラー映画のイベントに登場した哀川翔
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優の哀川翔が7月4日、東京・シネマート六本木で行われたホラー映画「ダークスカイズ」の“女子高生100人絶叫試写会”に出席。本作がホラー映画であることにちなみ、怖いものを問われると「怖いものはほとんどないけど、有吉(弘行)のモノマネかな。とにかくデタラメやるから。本人に言ってもしらばっくれている。あれだけやって『やってない』って言うからね(笑)。とんでもないヤツだよ。はじめて見たとき、幻を見たかと思ったよ」と話して報道陣の笑いを誘った。

パラノーマル・アクティビティ」シリーズ、「インシディアス」など低予算ホラーを生みだしてきたプロデューサー、ジェイソン・ブラムが製作を手がけたホラー。3Dアクション「プリースト」のスコット・スチュワート監督が脚本も兼ね、ある一家が自宅で体験する怪現象を描く。哀川は「どんでん返しがすごいね」と感心しきりで、「(恐怖の対象が)想像しなくちゃいけない、なんだかわからないという相手。普通は子どものいたずらで処理されているけれど、実際に起こっているかもしれない」と神妙な面持ち。そして「オレも3年前にコロラドに行ったときに、UFOを見てるしね。映像も撮ったし、専門家にも見せたらこれは本物かもしれないと言われた。座敷わらしも2回見た」と実体験を披露した。

また、“理想の父親ランキング”の常連としても知られる哀川は、「(本作の)もうひとつのテーマは『家族』。家族のきずなは大切にしなさい、悲しいことが起きる前に大切にしなさいというメッセージが込められているのかも」と力説。そして「朝飯くらいみんなで食おうよ。(劇中のような事件は)親子、家族の付き合いをしていれば防げるんじゃないかな」と呼びかけた。

この日のイベントでは、本編上映中に怪現象のえじきとなる次男サムに扮し、恐ろしいメイクを施した少年が会場内に姿を現す一幕もあり、会場は女子高生の悲鳴に包まれた。

ダークスカイズ」は、7月6日から全国で公開。

プリースト[DVD] プリースト[DVD] 最安価格: ¥1,000 ヴァンパイアvs人類。種族の存亡を賭けた新たな戦争が始める―。ポール・ベタニー主演×スコット・スチュワート監督のコンビが贈る、種族対決型バトル・アクション!
パラノーマル・アクティビティ[DVD] パラノーマル・アクティビティ[DVD] 最安価格: ¥927 リメイク権を獲得していたスピルバーグがリメイク化を諦めた衝撃の超常現象スリラー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi