シリーズ最高の出足「ハングオーバー」、前作で警視庁から“おしかり” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月3日 > シリーズ最高の出足「ハングオーバー」、前作で警視庁から“おしかり”
メニュー

シリーズ最高の出足「ハングオーバー」、前作で警視庁から“おしかり”

2013年7月3日 20:00

しっかりと反省しました!「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」

しっかりと反省しました!
(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND LAGENDARY PICTURES
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シリーズ最高の滑り出しをみせた人気“二日酔い”コメディの完結編「ハングオーバー!!! 最後の反省会」だが、前作「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い国境を越える」の公開時には警視庁麻布警察署から“おしかり”を受けていたことがわかった。

前作「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い国境を越える」は、18歳以下にはふさわしくないシーンが多々あり、日本ではプロモーション的なデメリットを考慮し、修正を加えてR15+(15歳未満の観賞を禁止)での上映が決定していた。しかし、劇場側の熱い要望もあり、「ハングオーバー」が起きそうな大人の街・六本木にあるTOHOシネマズ六本木ヒルズ限定で、無修正&ノーカットのR18+(18歳未満の入場・観賞を禁止)バージョンを日本で初めて公開した。

「オトナ限定R18+無修正バージョン」は、上映初日から満席が続き、六本木での入場者が全国の11%を占めたほど。ネット上でも口コミで評判を呼び、上映規模の拡大を求める声が高まる一方だった。しかし、“ノーハングオーバー”な観客があまりの下品な内容を問題視し通報したことで、配給のワーナー・ブラザースは警視庁から“おしかり”を受けたという。

同社は、前作の“反省”を生かし、完結編となる今作のレイティングをPG12(12歳未満の観賞には成人保護者の助言や指導が適当)とし、公開に踏み切った。全米はもちろん、イギリス、カナダ、オーストラリアなど世界各国では、日本のR15+相当のレイティングを受けているだけに、異例の事態であったことがうかがえる。

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い[DVD] ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い[DVD] 最安価格: ¥927 結婚前夜祭に参加した4人の男たちがラスベガスで酔いの勢いに任せて体験する、ぶっ飛んだ2日間を描く。
ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える[Blu-ray/ブルーレイ] ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,189 国境を越えタイを舞台に、前回のトラブルに懲りたはずの男たちがまたもや記憶がなくなるほど泥酔し、ハチャメチャな騒動を繰り広げる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi