「パシフィック・リム」劇場バナーに“東京スカイツリー”が登場! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月3日 > 「パシフィック・リム」劇場バナーに“東京スカイツリー”が登場!
メニュー

「パシフィック・リム」劇場バナーに“東京スカイツリー”が登場!

2013年7月3日 16:00

日本版(上)とUS版(下)。US版の背景は豪州のシドニー「パシフィック・リム」

日本版(上)とUS版(下)。US版の背景は豪州のシドニー
(C)2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「パンズ・ラビリンス」の鬼才ギレルモ・デル・トロ監督が、「ホビット 思いがけない冒険」の監督を辞退してまで臨んだ渾身のSF超大作「パシフィック・リム」から、新たな日本のシンボル“東京スカイツリー”が採用された日本限定版の劇場バナーが公開された。

東京タワーが採用された限定版ポスターに続いて、劇場バナーの“主役”となったのは、開業1年を迎えたばかりの東京スカイツリー。巨大なモンスター“KAIJU”と、それを迎え撃つ日本製イェーガー(人型巨大兵器)“コヨーテ・タンゴ”が対じする向こう側にスカイツリーがそびえ立つデザインだ。

特撮ファンを中心に大きな話題となった東京タワー採用に加え、今回はまだ「ゴジラ」「ガメラ」「ウルトラマン」の各シリーズでも破壊されたことのないスカイツリーが、ハリウッド発“特撮映画”のビジュアルデザインに登場。「世界で一番影響を受けたクリエイターは宮崎駿」と公言し、「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」の押井守や「AKIRA」の大友克洋、「おもひでぽろぽろ」の高畑勲、「のぼうの城」の樋口真嗣ら多くの日本人クリエイターとの親交も厚いデル・トロ監督ならではの、並々ならぬ日本愛がうかがえる。

パシフィック・リム」は、大西洋の深海から出現して世界を破壊しようとする未知のモンスターを相手に、巨大人型兵器で立ち向かう人類の姿を壮大なスケールで描く超大作。女性パイロット、モリ・マコ役を菊地凛子、幼少時の彼女を芦田愛菜が演じるほか、チャーリー・ハナムイドリス・エルバロン・パールマンが出演する。杉田智和林原めぐみ玄田哲章古谷徹ほか実力派声優と、お笑い芸人のケンドーコバヤシが担当する日本語吹替版も話題を集めている。8月9日から全国で3D/2D公開。

パンズ・ラビリンス Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] パンズ・ラビリンス Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,998 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。監督:ギレルモ・デル・トロ
ヘルボーイ[DVD] ヘルボーイ[DVD] 最安価格: ¥991 鬼才ギレルモ・デル・トロ監督がカリスマ的人気を誇るアメコミを映画化した、驚愕の最先端VFXアクション大作!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi