ケンコバ「パシフィック・リム」でデル・トロ監督が愛する“無頼漢”吹き替えに挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月2日 > ケンコバ「パシフィック・リム」でデル・トロ監督が愛する“無頼漢”吹き替えに挑戦
メニュー

ケンコバ「パシフィック・リム」でデル・トロ監督が愛する“無頼漢”吹き替えに挑戦

2013年7月2日 12:00

悪役ハンニバル・チャウ役の日本語吹き替えを担当「パシフィック・リム」

悪役ハンニバル・チャウ役の日本語吹き替えを担当
[拡大画像]

[映画.com ニュース] “ケンコバ”ことお笑い芸人のケンドーコバヤシが、「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」の鬼才ギレルモ・デル・トロ監督の最新SF大作「パシフィック・リム」で、物語のカギを握る悪役ハンニバル・チャウ役の日本語吹き替え声優に抜擢され、都内のスタジオでアフレコに臨んだ。

太平洋の深海から突如出現する巨大生命体“KAIJU”と、人知の結集から生み出された巨大人型兵器“イェーガー”を操縦する人間たちの壮絶な戦いを描く。菊地凛子がイェーガーのパイロット“モリ・マコ”役に起用され、その少女時代を芦田愛菜ちゃんが演じたことでも話題を集める。

ケンドーが吹き替えを担当するのは、デル・トロ監督作品常連のロン・パールマン演じる悪党ハンニバル・チャウ。パールマンが「無節操で、反道徳的な戦争成金」と言う通り、イェーガーに倒されたKAIJUを利用してひと儲けしているキャラクターだ。日本のロボットや怪獣映画を愛するデル・トロ監督にとっても、「彼のために書いたんだよ。ロンは僕が大好きな無頼漢なんだ」と思い入れは深い。

そんな重要な役柄の吹き替えに挑んだケンドーは、「僕は役者ですからね! 芸人なんて片手間のアルバイト」と言い切り、「最大限自分に厳しい評価をして……100点ですかね」と自信満々。また、「ロボットのデザインを見ても、本当に監督が日本のこと好きやねんなというのが分かる。日本のロボットアニメの良いエッセンスを取り入れたロボット!」と絶賛する。そして、「マジで映像がすごい! ヤバイくらい金かけているだろうな。もちろん戦闘シーンもすごいけど、ロボットものの醍醐味はやはり格納庫や操縦シーン。日本がアニメでやっていたものを、ハリウッドの実写のパワーでここまでできるのかと。とにかくスゴイので、僕の声は抜きにして見にきてほしい」と猛アピールした。

パシフィック・リム」は、8月9日より全国で3D/2D公開。

パンズ・ラビリンス Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] パンズ・ラビリンス Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,998 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。監督:ギレルモ・デル・トロ
ダーク・フェアリー[DVD] ダーク・フェアリー[DVD] 最安価格: ¥4,104 開けてはいけない禁断の扉。封印は解かれ、邪悪な魔物たちが少女を狙ってうごめき始める―。鬼才デル・トロがTV映画「地下室の魔物」を自らの脚本とプロデュースでリメイクしたダーク・ファンタジー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi