ハリウッドはR指定映画を作りすぎ? 米興行団体が批判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月1日 > ハリウッドはR指定映画を作りすぎ? 米興行団体が批判
メニュー

ハリウッドはR指定映画を作りすぎ? 米興行団体が批判

2013年7月1日 22:30

R指定作品ながら大ヒットを記録した「テッド」「テッド」

R指定作品ながら大ヒットを記録した「テッド」
(C)2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 最近の全米興行収入が落ち込んでいるのは、ハリウッドがR指定映画を作りすぎているためだと、アメリカの興行団体が批判している。

USAトゥデイ紙が報じたところによると、米興行主の業界団体National Association of Theater Owners(NATO)は、映画のレイティングと全米興行成績との関連を示したレポートを発表。2012年には、R指定(17才以下の視聴は保護者の同伴が必要)の映画が177作品公開され、総興行収入はほぼ30億ドル。R指定の映画1本当たり、1680万ドルの興収を得たことになる。一方、ワンランク下となるPG-13指定(13才以下の視聴には、保護者の注意が必要)の映画作品は119本公開され、総興行収入は56億ドル。1作あたりの平均は4730万ドルとなったという。

このデータを見る限り、PG-13指定映画のほうがヒットをしていることが明白であるのに、ハリウッドはR指定映画を多く作りすぎているとNATOは批判。今夏、ハリウッドのメジャースタジオはR指定映画を19本、PG-13指定映画を19本公開している。一方、ハリウッドのスタジオにとってみれば、10代の若者を対象にしたPG-13指定映画はたいていVFXが必要になるので、より安価に制作できるR指定映画を好むという事情がある。また、R指定映画はPG-13指定映画よりも一般的には興行成績が悪いものの、「ハングオーバー!」シリーズや「テッド」のようなサプライズヒットが生まれる可能性を秘めているという見方もある。

アメリカで観客動員が毎年減少するなか、劇場主とスタジオが責任のなすりあいをしているわけだが、演技派俳優のジョン・グッドマンは「レイティングなんて関係ない」とコメント。この夏公開のPG指定映画「モンスターズ・ユニバーシティ」と、R指定映画「ハングオーバー!!! 最後の反省会」の両方に参加しているグッドマンは、「観客が望んでいるのはいいストーリーだ」と語っている。

テッド 俺のモコモコ スペシャルBOX〈限定生産商品〉[Blu-ray/ブルーレイ] テッド 俺のモコモコ スペシャルBOX〈限定生産商品〉[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,722 マーク・ウォールバーグ主演のドタバタ異色コメディー。命が宿ったテディベアのテッドと自立しきれていない中年男のコンビが巻き起こす騒動を、にぎやかなタッチで映し出していく。
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い[DVD] ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い[DVD] 最安価格: ¥927 結婚前夜祭に参加した4人の男たちがラスベガスで酔いの勢いに任せて体験する、ぶっ飛んだ2日間を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi