ダニー・ボイル監督最新作「トランス」10月公開決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年6月30日 > ダニー・ボイル監督最新作「トランス」10月公開決定!
メニュー

ダニー・ボイル監督最新作「トランス」10月公開決定!

2013年6月30日 12:00

ジェームズ・マカボイがダニー・ボイル監督と初タッグ「トランス」

ジェームズ・マカボイがダニー・ボイル監督と初タッグ
(C) 2013 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イギリスを代表する映画監督ダニー・ボイルの最新作「トランス」(原題:Trance)が、10月から全国で公開されることが決定した。

昨年のロンドン五輪の開会式で芸術監督を務めたボイル監督の「127時間」(2010)以来の新作は、記憶を失った男の潜在意識に入り、消えた絵画を探し出すサスペンス。記憶と現実がパズルのように入り組んだストーリーをポップな映像と音楽で彩り、絵画をめぐる3人の男女の姿をスリリングに描き出す。

競売人(オークショナー)のサイモンは、ギャングと結託しオークション会場からゴヤの名画「魔女たちの飛翔」を盗み出すが、計画とは違う行動をとったためギャングのリーダーに殴られ、その衝撃で記憶が消えてしまう。ギャングのリーダーは催眠療法(トランス)で絵画の隠し場所を探ろうとするが、サイモンの記憶にはいくつもの異なるストーリーが存在し、深く探れば探るほど、関わる者たちは危険な領域に引きずり込まれていく。

主人公サイモンを「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のジェームズ・マカボイ、ギャングのリーダーを「ブラック・スワン」のバンサン・カッセル、ギャングに雇われた催眠療法士を「アンストッパブル」のロザリオ・ドーソンが演じる。「シャロウ・グレイブ」や「トレインスポッティング」といったボイル監督の初期作品で脚本を担当してきたジョン・ホッジが、ジョー・アハーンと共同で脚本を執筆した。

トランス」は、10月からTOHOシネマズシャンテ、シネマカリテほか全国で公開。

127時間[DVD] 127時間[DVD] 最安価格: ¥927 ダニー・ボイル監督作品。実話から生まれた奇跡のサバイバルサスペンス!
ザ・ビーチ <特別編>[DVD] ザ・ビーチ <特別編>[DVD] 最安価格: - 南の島を舞台に、若者たちが“地上の楽園”で共同生活を送る様子を描いた、レオナルド・ディカプリオ主演の大ヒットアドベンチャー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi