ボビー・オロゴン、念願の映画監督デビューに「日本、ありがとう!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年6月29日 > ボビー・オロゴン、念願の映画監督デビューに「日本、ありがとう!」
メニュー

ボビー・オロゴン、念願の映画監督デビューに「日本、ありがとう!」

2013年6月29日 15:15

ボビー・オロゴンが近田ボビー名義で監督・ 主演を務めた「MOON DREAM」が公開!「MOON DREAM」

ボビー・オロゴンが近田ボビー名義で監督・
主演を務めた「MOON DREAM」が公開!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントで格闘家のボビー・オロゴンが、本名の近田ボビー名義で初監督・初主演を務めた映画「MOON DREAM」が6月29日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲で公開初日を迎え、ボビーをはじめ、ヒロイン役の南沢奈央、マジシャンのトリックスターリオが舞台挨拶に立った。

ボビーの実体験に基づき、貿易商を営む父の仕事で東京にやって来たナイジェリア人青年ボブ(ボビー)が、人種を越えた友情や日本人女性との恋愛を通して成長していく姿を描いたハートフルドラマ。

ボビーは公開初日を迎え、「感動している。この日が来ると思っていなかった。日本の与えてくれた力、それを裏切らずに最後まで日本のために頑張っていきたい。日本、ありがとう!」と深く一礼。これまでの苦労を振り返り、「差別もあったし、乗り越えられないと思った時期もあった。だけど最後にたどり着いたのは日本人の優しさ。『夢と希望のある国だよ』というメッセージになっていればうれしい」としみじみ語った。

ボブが一目ぼれする女性サユリを演じた南沢は、「ラジオでご一緒しているボビーさんがずっと映画を撮りたいと言っていて、こうして形になって正直驚いている。本当に大丈夫かなと心配な部分もあったけど、ボビーさんの視線でしか作れない、ボビーさんが本気になって熱を注いだ作品」と後押し。リオも、「『これ実話なの?』っていうくらい映画みたいな人生。ボビーは日本語が下手なフリをしているんじゃないかという噂があるけど、本当に日本語が下手(笑)。途中で何を言っているのか全然分からなかった」と現場の裏話を明かし、笑いを誘っていた。

南沢奈央 いま。[DVD] 南沢奈央 いま。[DVD] 最安価格: ¥2,873 マルチな活躍を魅せる女優“南沢奈央”の初となるオフィシャルDVD。ロケ地はベトナムのホーチミンとベトナム最後の楽園といわれるコンダオ島で、普段では見ることのできない彼女の素顔に迫った貴重な映像満載!
赤い糸 DVDボックス[DVD] 赤い糸 DVDボックス[DVD] 最安価格: ¥22,161 中高生から圧倒的支持を受けるケータイ小説を、南沢奈央×溝端淳平主演でTVドラマ化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi