【国内映画ランキング】「アフター・アース」がV。「100回泣くこと」が2位 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年6月25日 > 【国内映画ランキング】「アフター・アース」がV。「100回泣くこと」が2位
メニュー

【国内映画ランキング】「アフター・アース」がV。「100回泣くこと」が2位

2013年6月25日 21:30

初登場首位は「アフター・アース」「アフター・アース」

初登場首位は「アフター・アース」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 6月22~23日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。今週は、ツートップがともに新作となった。まず、首位に輝いたのは、ウィル・スミス父子共演の「アフター・アース」。オープニング週末2日間の成績は、全国571スクリーンで動員15万8406人、興収2億0053万7700円。都市部に対し、ローカルでの動員が強く(ローカルのシェアは72%)、ウィル・スミスの人気が全国区であることを示している。最終的に、興収10億円あたりの手堅い興行が見込まれる。

2位には、関ジャニ∞の大倉忠義桐谷美玲の「100回泣くこと」。こちらは2日間で動員11万9092人、興収1億5461万7700円。全国223スクリーンでこの数字は非常に効率的。興収10億円を目指したいところだ。ちなみに、ほぼひと月前に公開された「クロユリ団地」のオープニングが、162スクリーンで興収1億5342万4100円であった。「クロユリ団地」は、公開6週目を迎え、間もなく10億円に到達するところ。

8位「攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain」は、2日間で動員3万0055人、興収3607万6200円という成績。2週間限定での公開のせいか、わずか20スクリーンでこの数字。もの凄い稼働率である。

圏外ながら、「さよなら渓谷」も健闘している。全国13スクリーンで、2日間の動員は5166人、興収が720万4800円。

続映作品では、4位「奇跡のリンゴ」が動員55万人を超えた。累計興収は6億円強。また、6位の「オブリビオン」が興収10億円を超えている。

幸せのちから コレクターズ・エディション[DVD] 幸せのちから コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,000 ウィル・スミスと、彼の実子が初共演!ホームレスから億万長者へとアメリカンドリームを実現させた親子の実話に基づいて描かれた奇跡の感動作!
攻殻機動隊ARISE 1[Blu-ray/ブルーレイ] 攻殻機動隊ARISE 1[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,728 『公安9課』が最優先ラインの攻性部隊とはなり得ていない、A.D.2027。陸軍機密部隊『501機関』所属・草薙素子三佐は、最高度のフィジカルと電脳戦スキルを備える一方、向こうみずで世慣れぬ未熟さをあわせ持つ。荒巻と不即不離の関係をたもちつつ、次々と発生する犯罪へと対処するが、それはゆりかごたる501機関との関係を問い直すことでもあった…。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi