高畑勲監督は「目指すべき存在」、スペインの気鋭アニメ監督が最敬礼 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年6月22日 > 高畑勲監督は「目指すべき存在」、スペインの気鋭アニメ監督が最敬礼
メニュー

高畑勲監督は「目指すべき存在」、スペインの気鋭アニメ監督が最敬礼

2013年6月22日 15:04

次回作もジブリ美術館で配給が決定!?「しわ」

次回作もジブリ美術館で配給が決定!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 認知症を描いたスペインの長編アニメ「しわ」の初日舞台挨拶が6月22日、東京・新宿バルト9で行われ、メガホンをとったイグナシオ・フェレーラス監督と、本作を配給する三鷹の森ジブリ美術館の中島清文館長が登壇した。

同名のコミックを原作に、養護老人施設に入所した元銀行員の主人公・エミリオが、徐々に進行するアルツハイマーと向き合いながら、残された人生を謳歌する姿を温かみある手書きアニメーションで描く。かねて高畑勲監督の大ファンだといい、完成後にフェレーラス監督自身が「ぜひ見ていただきたい」とスタジオジブリに本作を持ちこんだことが縁となり、今回の配給が決定。「高畑監督は決して手が届くことはないが、私にとって目指すべき頂(いただき)にいる存在」と最敬礼だった。

具体的には「見ただけで、登場人物の人となりがわかる。演出面でも学ぶことが多く、特にストーリーボードが大きなカギになっている。言葉ではうまく説明できない、独特の映画的言語で物語が語られている」と分析。高畑監督と対面した際には、「アニメの新しい可能性を切り開いた」と本作を絶賛されたといい、「身に余る光栄。新しい可能性という言葉は、高畑監督にこそふさわしい。実際にお会いすると、偉大な監督であるのに、非常に親切で謙虚。私とも対等に接してくださった」とすっかりほれ直した様子だった。

三鷹の森ジブリ美術館が、スペイン映画を配給するのは今回が初めて。中島館長は「監督を前にこんなこと言うのは失礼だが、配給する側としては、どのように集客できるのか危ぶんだ」と述懐。それでも高畑監督の「この作品は日本の人に見てほしいですね」の一言で、配給が決定し「公開までに長い時間がかかったので、初日を迎えることができて非常に感無量です」と胸をなで下ろした。フェレーラス監督の次回作は未定ながら、「ぜひ、次回作もジブリ美術館で配給したい」(中島館長)、「ぜひお願いします」(フェレーラス監督)と約束を交わしていた。

ジブリの風景 ~高畑勲・宮崎駿監督の出発点に出会う旅~[DVD] ジブリの風景 ~高畑勲・宮崎駿監督の出発点に出会う旅~[DVD] 最安価格: ¥3,201 BS日テレで放送した人気番組「ジブリの風景」。3回目となる今回では、“スタジオジブリの出発点”とも言うべき作品「アルプスの少女ハイジ」と「赤毛のアン」、そしてその創作の秘密が受け継がれたジブリ作品「コクリコ坂から」の舞台を訪ねる。
赤毛のアン ファミリーセレクションDVDボックス[DVD] 赤毛のアン ファミリーセレクションDVDボックス[DVD] 最安価格: ¥12,528 カナダ東部のプリンス・エドワード島を舞台に、空想好きの少女と周囲の人々との豊かな友情と愛を描いた名作アニメ。演出:高畑勲

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi