スピルバーグ、ハリウッドの映画ビジネス崩壊を予言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年6月14日 > スピルバーグ、ハリウッドの映画ビジネス崩壊を予言
メニュー

スピルバーグ、ハリウッドの映画ビジネス崩壊を予言

2013年6月14日 11:45

大作偏重のハリウッドを憂うスピルバーグ「スター・ウォーズ」

大作偏重のハリウッドを憂うスピルバーグ
Photo by Kevin Winter/Getty Images For AFI
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグジョージ・ルーカスが、現在のハリウッドの映画ビジネスの崩壊を予言したとハリウッド・レポーター紙が報じた。

南カリフォルニア大学映画学部の新校舎の設立を記念して行われたイベントに、スピルバーグは盟友のルーカスとともに参加。大作偏重の現在のハリウッドでは、ヒットメーカーですら映画企画の実現に苦労しているとスピルバーグ監督は告白。「娯楽の選択肢がたくさんあるなかで、スタジオは小さくて個性的な映画をたくさん作るよりも、大きな注目を集める大作映画に2億5000万ドルをかけるほうを優先している」と、ハリウッド映画が画一化してしまっていることを嘆いた。

また、「いずれ大きなメルトダウンが起きるはずだ。3作か4作、あるいは6作ほどの超大作映画が立て続けにコケて、大きなパラダイムシフトが起きるはずだよ」と予言している。大作偏重主義のあとに、なにが待ち受けているのかに注目が集まる。

ルーカスは「大作映画のみ映画館で上映され、それ以外の作品はすべてテレビのオンデマンド放送になる」と予測。さらに「劇場館が激減して、たくさんの魅力を備えた巨大な映画館だけが生き残る。映画のチケット代は50ドルから100ドル、あるいは150ドルと、いまのブロードウェイ劇やNFLの試合と同じようになる。映画鑑賞は高価になり、ブロードウェイ劇と同じように同じ映画が1年を通して公開されるようになるよ」

スター・ウォーズ」や「ジョーズ」といった大ヒット映画で、現在まで続くハリウッドのトレンドを生み出したふたりが、このような発言をするのは興味深い。今後のハリウッドから目が離せない。

【初回限定生産版】バンド・オブ・ブラザース ブルーレイ コンプリ...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産版】バンド・オブ・ブラザース ブルーレイ コンプリ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 実話に基づいた第二次世界大戦の真実―若者たちが体験した過酷な3年間。スティーブン・スピルバーグ、トム・ハンクス製作総指揮で贈る、世界が認めた最高の戦争感動巨編。
スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX〔初回生...[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX〔初回生...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ジョージ・ルーカスが贈る、SF映画「スター・ウォーズ」シリーズ全作を収録したブルーレイBOX。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi