日本版「許されざる者」、ベネチアでのワールドプレミア目指しエントリー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年6月14日 > 日本版「許されざる者」、ベネチアでのワールドプレミア目指しエントリー
メニュー

日本版「許されざる者」、ベネチアでのワールドプレミア目指しエントリー

2013年6月14日 06:00

7月中の完成を目指している「許されざる者」「許されざる者」

7月中の完成を目指している「許されざる者」
(C)2013 Warner Entertainment Japan Inc.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]クリント・イーストウッド監督・主演のアカデミー賞作品賞受賞作を、李相日監督、渡辺謙主演でリボーン(再創造)する「許されざる者」の興行関係者向けのプレゼンテーションが6月13日、都内のホールで行われた。

現在は7月中の完成を目指して編集作業を終え、音楽の制作とミックスを控えている段階。この日は、約8分半のフッテージ(ダイジェスト映像)が上映され、李監督は「映っている人と風景が強いので、何か伝わるものはあると思う」と手応えを感じている様子だ。

もともとオリジナルを見て「シンプルな勧善懲悪ではないが、人の心に訴えるものが強い。暗くて淡々としているところがすごい西部劇」と心酔した李監督が、かねて撮りたかった時代劇とシンクロさせた企画をワーナー・ブラザースに提案。同社のウィリアム・アイアトン社長は、「ハードルは高い」との思いを抱えつつ、イーストウッド作品のプロデューサー、ロバート・ロレンツに聞いたところ、その翌日にOKの返事がもたらされ製作が実現した。

イーストウッドの「硫黄島からの手紙」に主演している渡辺をはじめ、柄本明佐藤浩市ら出演者にもオリジナルへの意識はあったはずだが、李監督は「(ロケ地の)北海道の厳しさで吹っ飛んでいたと思う。オリジナルに引きずられるというより、今の自分たちが撮ることしか道はないという部分は共有していた」と冗談めかしながら振り返る。完成後は当然、イーストウッドに見せることになるが、「イーストウッドに魅力を感じていない映画人がいるのかというくらい、神様みたいな人。その人に自分の作った映画を見てもらえるプレッシャーを感じられるのが幸せ」と楽しみにしている。

8月22日に開幕するベネチア国際映画祭でのワールドプレミアを目指し、エントリーしたことも発表。イーストウッドに見てもらう場として、ロサンゼルスでのプレミアの準備も進めている。また、2人は既に地方へのキャンペーンを開始しており、李監督は「重くて骨太な作品なので、届けるのが難しいことは分かっている。だが、人間の尊厳、誇り、生きざまを映画を通して伝えていきたい。『ゴッドファーザー』や『タクシードライバー』など、CGではなく人間の迫力を肌で感じる映画で育ってきた。微力ながらどこへでも行きます」と並々ならぬ意欲を見せた。

ワーナーとしても、初となるローカル・プロダクション全額出資の作品だけに、アイアトン社長は「(興収)数十億円はいきたい。入り口を広げて、劇場に足を運んでくれさえすれば間違いない。ダメだったら、私がクビになりますから」と不退転!? の決意。李監督も「社長をクビにするわけにはいかないので、頑張ります」と共闘を誓っていた。

許されざる者」は1880年の北海道を舞台に、かつて“人斬り十兵衛”と恐れられながら刀を捨てた江戸幕府の剣士が、愛する者を守るため、己の尊厳を取り戻すために再び刀を取り、宿場町を牛耳る警察署長に戦いを挑んでいく姿を描く。9月13日から、全国で公開される。

許されざる者[DVD] 許されざる者[DVD] 最安価格: ¥927 クリント・イーストウッドが製作、監督、主演を務めた本格ウエスタン。ジーン・ハックマン、モーガン・フリーマンら豪華スターが競演。アカデミー賞4部門を受賞した作品。
悪人[Blu-ray/ブルーレイ] 悪人[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,361 ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか?吉田修一×李相日×久石譲といった至高の才能が贈る感動作!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi