「謝罪の王様」主題歌はE-girls新曲 本編後は阿部サダヲ×EXILE×VERBALと夢の共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年6月13日 > 「謝罪の王様」主題歌はE-girls新曲 本編後は阿部サダヲ×EXILE×VERBALと夢の共演
メニュー

「謝罪の王様」主題歌はE-girls新曲 本編後は阿部サダヲ×EXILE×VERBALと夢の共演

2013年6月13日 05:00

“謝罪”のポーズをとるE-girls のメンバーと水田伸生監督「謝罪の王様」

“謝罪”のポーズをとるE-girls
のメンバーと水田伸生監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女性グループ「E-girls」が、阿部サダヲ主演のオリジナルコメディ「謝罪の王様」の主題歌に、新曲「ごめんなさいのKissing You」を提供したことがわかった。同グループが、映画の主題歌を担当するのは今回が初となる。

同楽曲は、謝罪をテーマにしたラブソング。メガホンをとった水田伸生監督は、「彼女たちのダンスパフォーマンスと相まって、誰もが納得、誰もが参考にできる、世界初の謝罪ラブソング」と太鼓判。レコーディングに参加したボーカルメンバーも、「今までのE-girlsの楽曲にはなかった新たなテイストが存分に込められた1曲」(Dream Shizuka)、「コミカルな映画の世界観にピッタリ」(Dream Ami)、「新しい“モテる女の子”のことをキャッチーに歌っている」(鷲尾伶菜)とアピールしている。

またエンドムービーでは、阿部、E-girlsをはじめ、ダンス&ボーカルユニット「EXILE」が「謝罪ダンス」、人気プロデューサーのVERBALが「謝罪ラップ」で参加。「見た人に笑顔を届ける映画なのだから、最後まで笑顔になれるように終わりたい」という製作陣の思いから、異色のコラボレーションが実現した。さらに、E-girlsのメンバーが本編に登場するほか、EXILEのMATSUが水田監督のラブコールに応え、松本利夫として物語のキーマンである船木役を演じている。

阿部は、今回の企画に「『謝罪の王様』の台本を読んで、まさかVERBALさんと共演できるとは思っていなかったのでうれしかったです!」と感激しきり。「究極のエンタテインメント映画をつくりたい」という水田監督は、「究極を目指すためのラストピース。それが、EXILE+VERBAL+E-girlsとの主題歌コラボレーションです。日本映画の常識を覆す“エンドムービー”。日本いや世界でも随一のパフォーマーによる『謝罪ダンス』は日本中を魅了することでしょう」と自信をのぞかせた。

謝罪の王様」は、阿部、宮藤官九郎、水田監督のゴールデントリオが、大ヒットコメディ「舞妓Haaaan!!!」「なくもんか」に続き約4年ぶり、3度目のタッグを組んだコメディ。“謝罪師”を生業とする黒島譲が、土下座をはじめとした数々の謝罪のテクニックで、大小さまざまな問題を解決していく。9月28日から全国で公開。

なくもんか[DVD] なくもんか[DVD] 最安価格: ¥2,509 普遍的テーマである“家族”の物語を真正面から描いた、宮藤官九郎脚本の心染み入るホームドラマ。出演:阿部サダヲ
舞妓Haaaan!!![DVD] 舞妓Haaaan!!![DVD] 最安価格: ¥4,044 阿部サダヲ×堤真一×柴咲コウ出演、宮藤官九郎脚本で贈る舞妓をテーマにした前人未到のエンターテイメント!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi